<   2018年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

南池袋公園

久し振りに寄ったら、よい感じにデザインされているー
みんなが気兼ねなく使える原っぱ

d0086747_15014330.jpg
寝る人が多い公園はいい公園説
芝生がとても綺麗に管理されている

d0086747_15014603.jpg
かわいい彫刻のようなすべり台
子供が遊ぶところは転んでも痛くないバークチップ

d0086747_15015043.jpg
大人も子供も座れる椅子にもなるよ

d0086747_15015549.jpg
小山と植栽で周りとの視線を切る
さり気ない配慮がされた雑木植栽計画

d0086747_15015925.jpg
ベンチにもスタンドテーブルにもなる絶妙な高さ88cm

d0086747_15022044.jpg
草がいいな




事業名 南池袋公園復旧整備工事

所在地 東京都豊島区

用 途 公園、カフェレストラン、防災倉庫

事業主 豊島区

計 画 総合プロデュース:ランドスケープ・プラス

    カフェレストラン企画:船場

設 計 ランドスケープ・デザイン:ランドスケープ・プラス

    建築:久間建築設計事務所

    照明:トミタ・ライティングデザイン・オフィス

    サイン:氏デザイン

運 営 南池袋公園をよくする会

規 模 敷地面積:7,818.50㎡

    建築面積:265.27 ㎡

施 工 西武造園(Ⅰ期)、かたばみ興業・松本建設(Ⅱ期)

竣 工 2015年(Ⅰ期)、2016年(Ⅱ期)

受 賞 2017年:グッドデザイン賞(地域・コミュニティづくり/社会貢献活動)

         照明学会 照明デザイン最優秀賞


ランドスケープ・プラスのホームページより抜粋



[PR]
by tokup_nao | 2018-05-16 14:59 | 建築 | Trackback | Comments(0)

くまのもの 隈研吾とささやく物質、かたる物質@東京ステーションギャリー

d0086747_01122664.jpg
近くで用事があり、友人の投稿で最終日ということを知り滑り込みで見てきました。
でかいモックアップと繊細な模型と必要最低限の解説と図面で、最後まで疲れずに、誰でも楽しめ入り込みやすい展示だった。

全体的に日本のプロジェクトに比べて海外の方がやはりディテールが攻めている。同じコンセプトの延長でありながら、アクセルの踏み方が全然違うので、日本と海外の環境の違いを細部から感じることができた。

誰が撮ってもインスタ映えするように、比較的にどれも背景と展示物がパキッと出るようにしてあるのも特徴的だった。この建築の見せ方は今後さらに加速し強化されていきそうだ。

free wifi環境でバーコードを読み込めば誰でも無料で解説を聞けるのも有難い。何で今までそうしなかったのかと思うくらい便利だし、500円払って有名人のナレーションなんてもういらないと思ったくらいだ。

展示会の図録が建築雑誌のjaだということも自分には驚きで、今までjaがこれほど多くの建築外の人の手に渡ることがあっただろうか。これから有名な建築家の展示の図録はいつもjaでもよさそうだ。

ケンゴとキンゴの対比も良く、ケンゴの新しい素材の挑戦の間にちょくちょく顔を出すキンゴの修復された東京駅(古い素材)がいい箸休めになった。

つい最近、国立新美術館で安藤展が行われたが、安藤さんは模型と図面推しの展示で、光の境界は実物サイズではあるものの素材はフェイクだった。隈展はそれとは対照的に説明と図面少なめモックアップは全て本物にこだわり、オール写真OKで、両者の展示の違いを色濃く感じさせた。入場者数は安藤展の方が全然多いだろうけど、規模も違うので比較対象にはならないかもしれないけど、個人的には誰にもわかりやすく拡散されやすい隈展の展示に軍配を上げたい。

にしても、ギャラリー自体が丁寧にいい具合に修復されていて、ここで展示したくなるアーティストはかなりいるじゃないだろうか。近代日本建築のパイオニア、辰野金吾の元で展示ができる建築家はさぞかし幸せだろう。


d0086747_01132449.jpg

d0086747_01132607.jpg

d0086747_01131517.jpg

d0086747_01122883.jpg

d0086747_01122966.jpg

d0086747_01123132.jpg

d0086747_01123297.jpg

d0086747_01132138.jpg

d0086747_01132324.jpg

d0086747_01141021.jpg

d0086747_01140557.jpg

d0086747_01141188.jpg






More
[PR]
by tokup_nao | 2018-05-07 01:01 | 建築 | Trackback | Comments(0)

東武動物公園建築ツアー

d0086747_14325103.jpg
宝性院(パーシモンヒルズアーキテクツ)→進修館(象設計集団)→宮代町立笠原小学校(象設計集団)

宝性院はハードもソフトも心地よく地域に開かれた寺だった。様々な人がこの場所にくると、あれこれがしたい!との声が上がるそうで、住職が色んな催し物の手配でてんやわんやでもう管理会社をつくろうかと思ってるくらいだとのことでした。
本当は何かしたいけど、できない。そこに建築が大きなきっかけをつくり後押しをしていて、話を聞いてるだけで嬉しい気持ちになりました。
屋根が敷地内の寺といい具合に呼応し、繋がりも新しさもありいいドライブ感でした。設計者の廣岡さんご案内ありがとうございました。

近くにあるから行きますか!との掛け声で、ぞろぞろとそのまま進修館へと向かいます。

なんと、そのゲームに出てきそうな建物はコスプレーヤーの聖地と化していました。
とにかく楽し面白い見所満載な建物で、象ここにあり!的な保存されてほしい建築。その興奮は笠原小学校へと続き、このまちの正にシンボル的存在で、建築の教科書によく出てくるとこへ来れて少し感動。有名人に会えた気分。
にしても、ここまでやっちゃうと建築がまちと人を引っ張るぐらいの力があるんだなと思いつつ、ここまでできるかよ!と突っ込みたくなります。

現代の建築として何ができるのか。地域にいい風吹かせようぜ。そんなことを考えさせられるツアーでした。

d0086747_14325464.jpg

d0086747_14325664.jpg

d0086747_14325905.jpg

d0086747_14330204.jpg
d0086747_14334014.jpg

d0086747_14334328.jpg

d0086747_14334721.jpg

d0086747_14335269.jpg

d0086747_14335842.jpg


[PR]
by tokup_nao | 2018-05-04 14:31 | 建築 | Trackback | Comments(0)

犬の柵作り

実家の要請を受けて、愛犬ベベの柵作り。これでもう家ではリード知らず。
今日から君は自由だー!と言ってリードを外したものの、今までの行動範囲をウロウロするべべ。
自由を手に入れても今までの習性の檻から出られないべべ。
自由とは、まず心で獲得しなければいけないのだろうか。
柵がない時の方がベベの顔がイキイキしてる気がします。
時間返せこら。

d0086747_08185016.jpg

d0086747_08185571.jpg

d0086747_08190094.jpg


[PR]
by tokup_nao | 2018-05-03 08:18 | 日記 | Trackback | Comments(0)

松本建築ツアー

d0086747_14362111.jpg
松本城→サードミレニアムゲート(竹山聖)→松本市美術館→まつもと市民芸術館→松本民芸館→萌木の村

松本城の月見櫓がとても良かった。
東西四間×南北三間という決して広くない場所に、渋柿で塗られた迫力の船底天井に簡素な舞良戸。戦国末期の天守とは対照的に、戦乱のない江戸時代初期に建てられたからこその開放感。暗いトンネルを抜けてやっと来た明るい時代の喜びの空間でした。
舞良戸を全て取り外し、重たい屋根と柱だけが残り、畳敷きの上でゴロンと寝っ転がり、月を見上げ城下を見下ろし、お酒を飲みながら歌でも読んだりしただろうに。楽しそう。

美術館は草間彌生展がやっていた。草間さんは松本出身だったんですね。いつも強烈なパワー。
草間さんを見てから松本の民藝を見ると変に深読みしてしまいます。松本の芸術の始まりと現代を、間ぶっこぬいて一直線で繋いで見ました。伊東さんのまつもと市民芸術館にも草間さんを彷彿とさせるものがチラホラあったように感じました。調べてないので、意図的かたまたまかわかりません。建物を内外をぐるっと一周したけど、デザインにスキがない。ゴクリ。。経年劣化はもちろんあったけど、やはりとてもいい建築だった。一般の人が建築の写真を撮っているのが印象的だった。愛されています。

帰り道に、ポールスミザーのガーデンが見たくて萌木の村に行ったけど、時期的に全然生い茂ってなくて失敗した。スタッフがこれから咲き誇る草花の準備に勤しんでいた。
種を植えて花を咲かせる。この作業は人類の始まりからこれからも変わらない。うむ。仕事に戻るか。
d0086747_14365817.jpg

d0086747_14370094.jpg

d0086747_14370537.jpg

d0086747_14370804.jpg

d0086747_14372241.jpg
d0086747_14375362.jpg

d0086747_14375680.jpg

d0086747_14380029.jpg

d0086747_14380395.jpg

d0086747_14381015.jpg

d0086747_14384835.jpg

d0086747_14385262.jpg

d0086747_14385707.jpg

d0086747_14390325.jpg


[PR]
by tokup_nao | 2018-05-02 12:35 | 建築 | Trackback | Comments(0)


tokup.nao@gmail.com


by 徳田直之 (Naoyuki Tokuda)

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31