バーチャル建築ツアーその1 ~西洋と東洋の狭間、バクーを訪れて~

1991年にソビエト連邦から独立したまだ27歳の若い国で、国土は日本の1/4くらいで小さな国ではありますが、カスピ海のオイルマネーで豊かになったアゼルバイジャン。
実は、この国の主要援助国第一位はなんと日本なのです。
経済的に日本と結びつきの強い国。とても親日のように思います。

そんなアゼルバイジャンの首都バクーを、お金もない!時間もない!そんなあなたのためにGooglemapで訪れてみましょう! その1と書いたけど、この企画続くかな。。。笑

まずは、一番注目の近代建築。ザハ・ハディッドによって建てられたヘイダル・アリエフ・センター。2012年に建てられました。アゼルバイジャンの宗教はイスラム教ですが、僕にはこのカーブがイスラムの女性が頭に巻く布のヘジャブに見えます。
ザハはイラク・バグダード出身ということもあり、自身もイスラム教であったために、この地への思い入れは強かったのではないでしょうか。

ストリートビューでランドスケープがわかりますね。日本だと木を生やしたくなるけど、ここではあえて高木が全くないのです。あるのは色とりどりのデンデンムシとゆるやかな階段と広大な芝生のみ。遠くにセンターが常に見えているので、歩いてて期待感が膨らみます。

Virtual architecture tour part 1 ~Visit Baku between Western Europe and Asia~

Azerbaijan, a 27-year-old young country independent of the Soviet Union in 1991, is a small country with a quarter of Japan, but is enriched with Caspian oil money.
In fact, Japan is the major donor country in this country.
A country that has strong economic ties with Japan. There is a great relationship here.

Let's visit in such Azerbaijan's capital city Baku with Googlemap for you.

First of all, the most notable modern architecture. Heydar Aliyev Center built by Zaha Hadid. It was built in 2012. Azerbaijan's religion is Islam, but to me this curve looks like a hejab of cloth wrapped around an Islamic woman.
Because Zaha was from Baghdad, Iraq, and he himself was also Islam, he may have been strongly in love with this place.

You can see the landscape in Street View. In Japan, I would like to make a tree, but here there is no Takagi at all. There is only a colorful snails, gentle stairs and a vast lawn. The center buildins is always visible in the distance, so you can walk and swell your expectations.
d0086747_01082304.jpg
中は流れ星のような照明に、やはりカーブを描く壁と天井。
イワンバーンの写真をみると全体像がよくわかります。

Inside is a meteor-like illumination, again with curved walls and ceilings.
You can see the whole picture well if you look at the pictures of Iwan Baan.
d0086747_01264114.jpg

次は、バクーを訪れたらここがメインスポットだろう、世界遺産に登録されている城壁都市バクー、シルヴァンシャー宮殿、及び乙女の塔です。
MaidenTowerは沿岸部にあり、旧市街からバクの街を一望できます。では、一緒に登って行ってみましょう。

Next is the main spot when visiting Baku. It is the walled city Baku, the Sylvanshire Palace, and the Maiden Tower, which are listed as World Heritage Sites.
MaidenTower is located on the coast, with a view of the city from the old town. Let's climb together.
d0086747_01554843.jpg

まだ高層ビルが全然ないですね。唯一の遠くに見えるカーブした高層ビルはBakuFlameTowersです。
HOK(ヘルムース・オバタ・カッサバウム)によって建てられました。アメリカの組織設計事務所で世界で4番目に大きな建築設計事務所です。アイコニックで一度みたら忘れない形をしています。夜は正に炎のように光るみたいです。

There are no high-rise buildings yet. The only distantly visible curved skyscraper is BakuFlameTowers.
It was built by HOK (Helmus, Obata Cassavaum). It is the fourth largest architectural design office in the world as an organizational design office in the United States. It has a shape that you will never forget if you look at it once with an iconic. The night seems to glow right like a flame by lighting.
d0086747_01454367.jpg

次は、空港のHeydar Aliyev International Airport Bakuを見てみましょう。
ストリートビューで中に入っていくと、玉ねぎみたいなものが確認できると思います。
いったいこれは何だろう。笑
Autobanというイスタンブールを拠点とした40人規模の事務所がインテリアをデザインし、建築はARUPによるものです。
このAutobanは2003年に設立した事務所で、この空港ができたのが2014年!
よくぞそんな若い事務所に国家の顔である空港を任した!
若い人にチャンスをつくるアゼルバイジャンの強かさを感じます。
僕もアゼルバイジャンのコンペとか出してみたい。笑

Next, take a look at Heydar Aliyev International Airport Baku at the airport.
If you go inside with Street View, you can see something like onions.
What is this? Lol
A 40-person office based in Istanbul called Autoban designs the interior, and the architecture is by ARUP.
This Autoban was established in 2003, and this airport was created in 2014!
I assigned an airport that is the face of the nation to such a young office!
I feel the strength of Azerbaijan that creates opportunities for young people.
I also want to put out a competition of Azerbaijan. Lol
d0086747_02393472.jpg
でも、本当にザハはあのカーブをヘジャブのアナロジーのように扱ったのかな・・・?とまだもやもやしながら、バクーの街を(Googlemap上で)歩いていると・・・、とんでもないものを見つけた!

なんだ!あの形は!

But, does Zaha really treat that curve like Hijabs analogy? As I was walking along the city of Baku (on GoogleMap), I found a great building!

what! That shape is!

d0086747_12180256.jpg
これは1960年代のソビエト時代のモダニズムによってつくられたカフェ。未だに補修されつつ当初の用途を継続して営業しているではありませんか!かっこいーー!
この海沿いの公園は賑わっているようで歩くべきですね。
下記カフェの建築家です。英語ベースで少し調べたけど、すぐに情報は出てこなかったです・・。
Vadim Shulgin, R. Sharifov | Mirvari cafe | Baku, Azerbaijan | 1962

This is a cafe created by Soviet modernism in the 1960s. It is still being repaired, and the original application is continued and operated! Cool!
The park by the sea is full of people. You should walk.
もちろん、ザハはバクーを訪れる前からこの建物の存在を知っていたと思うし、この今も変わらぬ美しい曲線美に魅了されたのではないかと思う。僕の中でのザハの元ネタはここにもあると勝手に確信します。
もやもやが少しすっきりしました。
この造形、よく見てみると、シドニーのあれに似てません?

A shape that does not change from old days!
Of course, I think Zaha knew the existence of this building before visiting Baku. I think that she was fascinated by the curvaceous beauty that has never changed. I am convinced only within my thinking that the idea of ​​Zaha is also here.
The mist in me was a little clearer.
If you look closely at this shape, do you look like Sydney's?

デンマークのコペンハーゲン出身のヨーン・ウッツォンのシドニーオペラハウスのコンペ案です。きっと彼はソビエトモダニズムも好きだろうなーと思うのです。もしくは、シドニーオペラハウスの審査員だったエーロ・サーリネンに対して、戦略的に、サーリネンだったら曲線好きでしょ!ってな具合にドローイングだけ出しちゃったことも考えられなくもないです。笑
ウッツォンにしてもサーリネンにしても、このカーブへの愛着はソビエトモダニズム経由で隣国の北欧に流れていったのでしょうか。ソビエトモダニズムのカーブはどこから来たのでしょうか。ザハは初期のアンビルドの頃からロシアアヴァンギャルドの影響を強く受けているし・・・、掘り下げていくと色々出てきて終われないので今回はここまで!

It is the Sydney Opera House of Jon Uzzon from Copenhagen, Denmark. I think he also likes Soviet modernism. Or, strategically, against Aero Salinen, who was a judge of the Sydney Opera House,

There is a possibility that only the drawing will be issued in accordance with the idea that the sirlinen loves curves. Lol
Whether it was Utzon or Saarinen, did attachment to this curve flow to the northern European countries of the neighboring countries via Soviet modernism? Where did the curve of Soviet modernism come from? Zaha has been strongly influenced by Russian Avant Garde since the early days of unbuild. We come out in various ways as we delve into our ideas. I will not be able to finish writing, so I will finish it this time!

【バクー建築ツアーのまとめ】
5世紀頃からあったとされるバクーの町がこうして新しいものと古いもの、攻守とも言える二つを大事にしながら景観をうまくコントロールしながら発展していくのが非常におもしろい。
今後も注目していきたい魅力的な街です。

【Summary of Baku Architecture Tour】
It is very interesting that the town of Baku, which is said to have existed since the 5th century, develops while controlling the landscape well while taking care of the new and old ones and the two that can be called offensive and defensive.
It is an attractive city that I want to focus on in the future.



この動画に出てくるShakhPlov(3:00)という米をパンで包んだような食べ物がとっても美味しそう!
日本ではまず食べられないだろう。いつか食べてみたい・・・!

A food like bread wrapped rice called ShakhPlov (3:00) in this video looks very delicious!
I can not eat at first in Japan. I want to eat someday ...!

↓今回の紹介した場所一覧です。
Here is a list of places I introduced.
d0086747_13385462.jpg

Books



ブログの運営を応援する!
PayPalでの支援はこちらから。
Support the management of the blog!
Click here for PayPal support.

# by tokup_nao | 2019-03-12 00:00 | 建築 | Trackback | Comments(0)

「グリーンブック」を観て

d0086747_22125480.jpg
1960年代アメリカを舞台に、実際にいた黒人の天才ピアニストのドン・シャーリーとそのイタリア系白人用心棒のトニー・バレロンガの話。当時はアメリカの南部は北部に比べ黒人への人種差別が激しかった。この映画のタイトルのグリーンブックはその象徴でもある黒人専用のホテルが乗っているホテルのパンフレットのこと。そのパンフレットを見ながら、各地を回り演奏を重ねるシャーリー。気をつけていても次々にハプニングに見舞われる。

人種差別を題材をした映画はヒリヒリしてそうでとても身構えてしまいそうだけど、この映画は人種差別に対してどろどろした演出はなく、あえてこの二人の友情にスポットを当てたものだった。ビールをのんびり飲みながら安心してみれるハートフルな映画です。

黒人のシャーリーはロシアの芸術の街、サンクトペテルブルグで音楽の英才教育を受けお金持ちで孤独な生活を送る。一方、白人のバレロンガはイタリア系移民としてその日暮らしの日々を過ごしていたが、家族の多い賑やかな家庭を持っていた。一般的な黒人と白人とは逆のイメージの二人がチグハグな会話を繰り広げながらも少しずつ距離を縮めていく様子が笑いを誘いつつ、お互いにないもととあるものを発見していく旅でもあった。

幼馴染や学校の友達が生涯の友人になることもあるけど、大人になってから今までの時間を物ともせずにむしろその違いによって化学反応を起こし惹かれあう友情には大きなものがあると思い出させる映画でもあった。大人の友情って美しい。きっとそう思うはず。

ドン・シャーリーのピアノを聴きながら、人の暖かさに触れられた気がした日曜日。お勧めです。



In the 1960s America, the story of Don Shirley, a black genius pianist who actually existed, and Tony Barrelonga of that Italian white guardsman. In those days the racial discrimination against blacks was more intense in the southern part of the US than in the northern part. The green book of this movie title is a brochure of a hotel where a hotel dedicated to black people is also a symbol of that. While watching the pamphlet, Shirley spinning around each place plays performances. Even if they are careful, they come across several accidents.

The movie with the theme of racial discrimination dismayed and it seems to be very upset, but this movie did not produce a exhaustion against racial discrimination and dared to spot these two friendships . It is a heart-full movie that you can relax while drinking beer.

The black man Shirley lives a rich and lonely life with a gifted education of music at the city of Russian art, St. Petersburg. Meanwhile, the white man Barrelonga had been living in daily life as an Italian immigrant, but had a lively family with many families. A general black man and a white man in reverse image spreading tiggy huggy conversation while gradually shrinking the distance laughing while inviting laughter, traveling discovering something not found in each other It was also.

Sometimes childhood friend and school friends become lifelong friends, but there is a big thing in friendship that attracted chemical reactions by the difference rather than doing time as an adult since becoming an adult. It was also a movie to remind me of it. Friendship of adults is beautiful. You surely think so.

Sunday when I felt touched the warmth of people while listening to Don Shirley's piano. It is recommended.





# by tokup_nao | 2019-03-10 19:39 | 映画 | Trackback | Comments(0)

Big Little Lies Season1 を観て

d0086747_17104236.jpg
今オススメの海外ドラマと聞かれたら、ビッグリトルライズを1番に上げます。

カルフォルニア州モントレーの高級住宅街で起こるママさん達のゴタゴタが最後には酷いことになっていく。放映されてるのは、シーズン1だけで完結しています。シーズン2は今年の6月予定のよう。アマゾンプライムではすぐに放送されるか不明ですが、楽しみ!

以下見どころ!

①役者の超絶演技力
なんと言っても主演の3人がヒリヒリするような演技を見せてくれて物語をグイグイ引っ張っていく。ニコールキッドマン、リースウィザースプーン、シェイリーンウッドリーの三者三様の立場の違う家庭がクロスしていくのがいい。あのレニークラヴィッツの娘のゾーイクラヴィッツがラストで歌ったりもします。

②楽しいインテリア
インテリアが好きな人はこのドラマのそれぞれの家庭の家をよく見てみると面白い。日本では考えられない大きさの冷蔵庫に、超広いリビングに派手なパーティー。世界のトップセレブの私生活が覗けるのも面白い。僕的には、マッケンジー家のダイニングが良かった。よく見てみて下さい。かっこよくないですか?

③シリアスなストーリーの中で引き立つ子供たち
サスペンスだけど、そこに子供たちの可愛さが存分にプラスしていて染みた。笑 ダービーキャンプ演じるクエロが親の影響でたまに汚い言葉を使うのが笑えるし愛らしい。クエロが音楽好きで小学一年生とは思えない曲のチョイスをしてくるのもかなりツボでした。アイフォンを使いこなす現代的な描写が生き生きしていて、何だかクールだし、とても新鮮です。

シーズン2待ち遠しい!


When I was asked something about the overseas drama I recommend now, I will recommend Big Little Rise to No. 1.

Mom 's frustrations at an exclusive residential area in Monterey, California are getting bad at the end. It is completed to watch in season 1 that is on air. Season 2 seems to be scheduled for June this year. It is unknown whether it will be broadcasted at Amazon Prime immediately, but it is fun!

Below are the highlights!

① acting supernatural acting skill
Even if it says anything, three of the leading performers are so fascinating and it will pull the story with strong. Nicole Kidman, Reese Witherspoon, Shaylene Woodly 's family of three different situations causes a chemical reaction. The daughter Zoe Ikra Vitz of that Lenny Kravitz will sing in the last.

② Fun interior
It is interesting for those who like interior to look at each family home in this drama carefully. It is a flashy party in an ultra-wide living room in a refrigerator of an unthinkable size in Japan. It is also interesting to see the private life of the world's top celebrities. For me, the Mackenzie family dining table was good. Please take a closer look. It is cool, isn't it?

③ Children who stand out in a serious story
It is a suspense, but the cuteness of the children was plus enough and it stained. Lol Quero sometimes uses dirty words under the influence of parents can be funny and adorable. It was also quite points to have a choice of songs that Quell loves music and can not think like a first grade primary school student. A contemporary portrait of masterful use of iPhone is lively, cool and very fresh.

I can not wait for Season 2!
d0086747_17104986.jpg



主題歌もカッコいい!
The theme song is also cool!








ビッグ・リトル・ライズ シーズン1 DVD コンプリート・ボックス


# by tokup_nao | 2019-03-07 22:10 | 映画 | Trackback | Comments(0)


tokup.nao@gmail.com


by 徳田直之 (Naoyuki Tokuda)

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31