2018年 08月 16日 ( 1 )

那須~太田~益子~富岡 建築旅行

前から見たかった建築をぐるっと見てきました。

帰りの高速がどうしようもなく眠くて、携帯で適当に探した怪談を嫁に朗読してもらいながら帰った。
眠たい時の怖い話は目が覚めるのでお勧めよ!


d0086747_12171236.jpg
アートビオトープ那須
視線を遠くに飛ばすと絶妙に重ならない木。
見上げると普通の森よりよく見える空。
自然と不自然の境界が曖昧に溶けてしまったような空間でとても不思議な感じだった。


KAIT工房では、乱立した柱が空間や構造を曖昧にしていくようにしていて、その延長の発想のように感じられた

土のレストランもそうだけど、一見自然にできたように見える人工物が心地良いのだなと思いました。

これからこの表現は加速して行きそうです。


d0086747_12171600.jpg

太田市美術館
とにかく心地良い場所だった。
硬いフレームの間に柔らかいスラブがぐるぐる回る構成が、良いハプニングが同時多発的に起こる面白心地良い建物になっていた。


d0086747_12172163.jpg

家具やサイン、照明がとてもお洒落だったー。


d0086747_12172795.jpg
山を重ねたような、道の駅益子。
道の駅はとにかく目立たなきゃね!と思います。


d0086747_12173242.jpg

空間の大きさと比例して梁の数が変わる。1つのアイディアが淀みなく流れていくような構成だった。

d0086747_12173774.jpg

長谷川逸子の群馬大学。
ファサードは面白いけど、中は普通に使いやすい建物だった。

d0086747_12174203.jpg

隈さんの富岡市役所。
まちに優しいヴォリューム感が良かった。
裏側はあんまりだけど、駅からは優しい。

d0086747_12174672.jpg

景色が見たくなるつくりのエントランスホール階段。

d0086747_12175118.jpg
手塚さんの富岡商工会議所。
裏からみると、道路側からは想像できないギザギザ屋根が姿を現す。蔵を抜けるとギョッ!となる。

d0086747_12175676.jpg

教会のような場所。結婚式ができそう。
構造が表現になっていて、富岡市役所とは対極的。富岡製糸場の糸のイメージを考えると躯体はなるべく小さな繊細な断面にしていきたいのかも。。?
椅子が強そうだ。

TNAの駅、隈さんの市役所に続き手塚さん。富岡市が建築パークになってきた。
小粒でもいいから、若い建築家にどんどん作らせて面白いモデルになってほしい。

[PR]
by tokup_nao | 2018-08-16 21:15 | 建築 | Trackback | Comments(0)


tokup.nao@gmail.com


by 徳田直之 (Naoyuki Tokuda)

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31