2007年 09月 28日 ( 1 )

図書館設計始まり!

長い夏休みを経てついにはじまりました

敷地は現在豊洲図書館があるところ
敷地の大きさは82m×35mの地域向けの図書館です
目の前にはモノレールのゆりかもめ豊洲駅
すぐ近くには東京メトロ豊洲駅
海が見える大きな公園も近く、豊洲ららぽーとも目の前

現在豊洲はものすごい勢いで高層ビルが立ち並び、いわゆるキャナリーゼが増えています
しかし、大きな石川島重工場があったときから住んでる下町の人たちも多く住んでます

今豊洲の歴史が大きく変わってきています


そんなとこの図書館を考えます


図書館では昔から住んでいる人と新しく住む人の交流の場にしたい
というのがまあ  打倒なとこですね


図書館 っていう建築の内部の特徴は あの膨大な本を収蔵している沢山の本棚
僕はあの沢山の本棚を魅力的に展開していきたいのです


d0086747_19481798.jpg
d0086747_19483145.jpg

1/200の敷地全体のコンセプト模型です
一つのリボンが一つの大きな本棚で一つのジャンルになっています
リボンとリボンが交差するとジャンルとジャンルが交差していきます
本を探していると他の本にぶつかったり
一つのリボンを伝って歩いていくといつの間に外に出ていたり、違うジャンルの本に伝って歩いていたり・・・
ネットで本を探すのとは違う、偶発的な心地よい事件が起きる図書館にしたい

d0086747_19484554.jpg
d0086747_1949641.jpg

こちらは1/50の部分模型

緑が見える場所で
心地よい狭さの場所で
人の動きが見える場所で
                   本を読む

本を探すのって本を読むのってなんて楽しいんだと思える図書館


曲線によっておもしろい形の下手地ができるので そこをうまくいい本を読む場所にしたい
スロープやらゆるい勾配のおかげで平面と断面が同時に変化してるから図面がなかなか描けない・・・

来週中間発表でみんなの前でプレゼンですわ
頑張れ自分
[PR]
by tokup_nao | 2007-09-28 20:16 | 建築設計 | Trackback | Comments(2)


tokup.nao@gmail.com


by 徳田直之 (Naoyuki Tokuda)

プロフィールを見る