Farnsworth House

d0086747_23461677.jpg
GA DETAIL1 Mies van der Rohe / Farnsworth House の本を見ながら立ち上げたのだけど、どうしても手前の段数が合わない。本当は四段なんだけど、五段になってしまう。図面が間違っているとしか思えないんだよなあ。

今堀越研究室は断面パースで建物のテクニックを紹介するような本の出版の準備をしています。
僕の担当はミースのファンズワース邸とフィリップ・ジョンソンのグラスハウス。

担当になってから気づいたけど、どちらも断面が際立つ建築でもないな・・・。
[PR]
by tokup_nao | 2009-07-03 23:46 | 建築設計 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://bebetoku.exblog.jp/tb/9940142
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by りんたろう at 2009-07-06 00:08 x
でも、実際見えないとこが見える断面図ってすごいと思わない?僕は図面って建築そのものよりも大好きだよ。
Commented by tokup_nao at 2009-07-06 02:00
うんうん、図面にしかない醍醐味ってあるよね。
実際のパースとはまた別のね。


tokup.nao@gmail.com


by 徳田直之 (Naoyuki Tokuda)

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31