人気ブログランキング |

とある世界の展示 2

藤本壮介展 山のような建築 雲のような建築 森のような建築 建築と東京の未来を考える2010
ワタリウム美術館
2010年8月14 日(土)~11月28日(日)

そして、ほぼ同時期にやっているのがワタリウム美術館でやっている藤本壮介展だ。石上展と藤本展をよく比べるてみると、日本の建築がある場所に行きたがっているように見えてくる。プリミティブな場所へと。

それらの建築の大前提は、無意味の価値だと思う。
一見無意味と思えるとこに、機能的なものでは到底得ることができない豊かさを持っているような。でも、これは何にでも言えるかもしれない。本当に豊かなものとは無意味なものを沢山内包している。その意味・無意味が曖昧に溶け合っている環境こそが、今問われ提案され続けられようとしている空間だ。

そのどうも説明するには気難しくなりがちなものを提案する手段として、『プリミティブ』という言葉はこの混沌とした現代社会にしっかりと腰を据えてくれる便利な言葉なのだろう。

雲、山、風、海。
それらと融解していく建築がSANAAや石上純也、藤本壮介を筆頭に目立ってきた。

自然と同じように不便でいいし、疲れてみたい。そんな建築の可能性を探している。

がしかし、西沢立衛が講演会で話した、「周りと同化しながら、普遍性をそこに与えたい。その矛盾がある。」ということを忘れてはならない。

GA JAPAN106のROLEXラーニングセンターでの、妹島和世、西沢立衛、隈 研吾、二川由夫の対談で、隈さんの鋭い指摘がそれをさらに際立たせていた。
床レベルを上げ地面と同化させずにエレベーションが地面から離れていることに対して、隈さんはそれがSANAAの本音と言っていた。それこそが、地面と緩やかに繋がっている動線にも関わらず、切り離された空間の矛盾であり、そこに普遍性を与えたいという本音の発露である。隈さんはそれに対し「俺だったらとことん周りと同化させて、建築を消してしまう。」という。

つまり、『プリミティブ』は現代に対してとても効果的に見える一方、建築家自身を消してしまう恐いテーマなのだと思う。矛盾を抱えないでやってしまうと、自然に吸収されてしまうのだ。

ある建築が数年発って、

あれ?これは、自然だったっけ?建築だったっけ? あれ、忘れちゃったや・・・。

何てことにならないようにしたい。
建築であるべきもの、それはいつも自然と人間が織り成すドラマであってほしいのだ。





d0086747_21593627.jpg
d0086747_21593992.jpg
d0086747_22207.jpg
d0086747_2241778.jpg

正式名称は「原宿住宅マンション」
設計:日本住宅公団 津端修一
施工:1957年(昭和32年)
ここに60mのマンションが建つとはね。そりゃ反対運動も起こるよ。

d0086747_21594171.jpg

塔の家
設計:東孝光
施工:1966年10月
いつまでもクールな住宅。あああーー、すぎょい。敷地選定も大変よかった。

d0086747_2159232.jpg

東京都立日比谷図書館
計者:東京都建築局 高橋武士
竣工:1957年

日比谷図書館と原宿マンションは同い年のようだ。
どちらも壊される寸前。みられるのは今のうちだ!!
by tokup_nao | 2010-08-30 13:25 | 建築 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://bebetoku.exblog.jp/tb/11831281
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


tokup.nao@gmail.com


by 徳田直之 (Naoyuki Tokuda)

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30