明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

2010年代に突入。どうも虎年男です。遠い未来のことかと思ったらもうです。

年末にパブリック・エネミーズという映画を見た。
『パブリック・エネミーズ』(原題:Public Enemies)は、2009年のアメリカ映画。原作はブライアン・バーロウによるノンフィクション本である。舞台は1933年の恐慌時代のアメリカ。「社会の敵(パブリック・エネミー)ナンバーワン」と呼ばれた犯罪者ジョン・デリンジャーとFBIとの戦いを描く。(wikiより)
ジョニーデップ主演の実際にあった銀行強盗の映画。
同じ犯罪者でも現代の犯罪者とは別種です。マスコミにヒーローのように取材されるデリンジャー。彼に歓声を送る群衆。社会に不満を持っていた公衆の為の暗黒のヒーローがデリンジャーだった。どんな障害にも動じない、恋人への愛は海よりも深く、人は殺めない。ただたまたま、銀行を襲う技術に長けていた。
現代のどうしようもない犯罪の批判としても見れよう。決して犯罪を肯定するような映画ではない。ゴダール監督の『勝手にしやがれ』と似ていて、要は生き方の問題。自分を貫く強さ。美学を持っている人。


今更ながら川越の設計の模型写真
d0086747_2344549.jpg
d0086747_2345614.jpg
d0086747_235593.jpg
お化けが出てきそうだね・・・。
これは古い建物を直しながら新しい建物(展望台)を創る計画。
今まで見えなった空からの川越の風景は、今まで見えなかったそれぞれの立場を見せてくれる。
何かを知ることは、何かを変える第一歩。
デリンジャーの愛を知っただけで、彼が変わっていくように。
[PR]
by tokup_nao | 2010-01-10 02:45 | 建築設計 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://bebetoku.exblog.jp/tb/10647940
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


tokup.nao@gmail.com


by 徳田直之 (Naoyuki Tokuda)

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31