朝の風景 (2009/9/26)

何となく、むくりと起きてみると、507号室のソファーの上で寝てしまっていることに気づく。ベッドには健悟がいびきをかいて寝ている。あの、ダニだらけだと彼が嫌悪していたソファーにもうどれくらい寝てしまったのか。自分の体には毛布が丁寧に掛かっている。机には、朝食べるサンドイッチの食材、食パンとハムとキューカンバーが仲良く添い寝をしている。その机の角は、板が少しめくれ違う色を見せる。まだ、ソファーの方が寝心地はいいだろうか。

腕には時計の跡が残っている。その後に、付けっぱなしの腕時計が在ることに気づき、針は午前四時を指している。9月でもモスクワの朝は冷える。まだ外は暗い。ちょっとホッとする。腕が痛いので時計を外し、ポケットの中に入れた。

食材の横に515号室の鍵が置いてある。ゆっくりと吊るし上げる。

ゆっくりでいながら、確実に自分の布団を健悟に載せて、ドアをギィと開け、ゆらゆらと515号室に戻る。あれ程うるさいく耳障りな音を発していたエレベーターも今は沈黙している。また騒ぎださないように、ゆっくりと前を通り過ぎて行く。
視覚よりも先に触覚とでも言うのか、窓も開けていないのに嫌な風のようなものを感じた。
その風を頼りに、何気なく外を見てみた。見てしまった。


あれ・・・・・。

外が違う・・・・。いつもと違う・・・。

僕が立っている場所は建物の内側なので、外側を見ていることになるのだが。何かが違う。違うと、思って異変を探してみるけど、その異変はどこにもない。どこにもないので、すべてが違うのか。その為に、その違いがわからないのか。

ああ。

何てことだ。



車が通り過ぎた。何の変哲もないトラックのはずだろう・・・。いや、そうだろうか。今のは本当にトラックだったのだろうか。

建物が違うのか。いや、確かにあの建物は、この前みんなで行ったはずの大きなショッピングモールだ。くだらない物ばかりが売っているくだらないショッピングモールじゃないか。

ああ、くだらない。本当にあの建物なのか。僕が見ている建物が、僕が記憶している建物なのか。建物とトラックの違いをどう言い表せばいいのか。簡単なことじゃないか。

ああ。

何てことだ。


こんな時間に奴らはいたのか。この時間はいつも僕が寝ている時間じゃないか。
こんな時間に起きるのがそもそもの間違いだった。
ああ、ちくしょう。ちくしょう。

何てことだ。



起きると、僕はまだ507号室にいた。健悟はいびきをかいている。サンドイッチの食材もまだ横たわっている。
腕の時計の跡はもうなくなっていた。
ポケットに入れた時計を見る。針はあと少しで、午前四時を指そうとしている。


もう、いい加減にしてくれ。






d0086747_3361584.jpg

[PR]
by tokup_nao | 2009-10-04 03:36 | 日記 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://bebetoku.exblog.jp/tb/10297870
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by chebi-chi at 2009-10-04 23:42
そんないびきかいてた?
Commented by tokup_nao at 2009-10-05 04:25
うぬ。でも静かだけどね。


tokup.nao@gmail.com


by 徳田直之 (Naoyuki Tokuda)

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31