<   2009年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

卒業設計の反省など

d0086747_22533655.jpg
d0086747_142113.jpg

せんだいデザインリーグに出典した模型が今日帰ってきました。
軽トラで辰巳に取りに行きました。芝浦工大の人は豊洲からなので超楽ちんです。

エントリーナンバー157の「遊刑地」の結果は100選まででした。
表を入れてくれたのは五十嵐さん、小野田さん、中田さんでした。
五十嵐さん票狙いだったので入れてくれてて嬉しかったです。
あと、五十嵐研の加藤さんコメントありがとうございました。
そうなんです、もっと中身をぐちゃぐちゃにしたら良かったなあと作り終えてから思いました(笑)
丸山洋先生にも、「もっと中身を危うくしたほうがいい、今にも崩れそうなぐらいに」と言われました。
最初はピラネージの監獄のイメージだったんですけどね。
壁で囲むっていうプラン計画はずっとあったんですが、中身をどうしようとぐだぐだしてたら時間が過ぎてしまっていました。今思うと、気付かないうちにどんどん自分の手が硬くなってしまっていて動いてませんでした。
最終的に、図面描いてるときはいいじゃないかと思ったんですが、模型にしたら予想よりもはるかに整合性が取れてしまって焦った感じでした。
図面から模型を作らずに、模型から図面をつくるべきだったのかもしれません。ゲーリーのように。スタディが全く足りてませんでした。はぁ。
あと、どうしても、あのぐらい大きい建物になると空間操作が難しい。
やっぱ低層の方が複雑な形はやりやすいなあと思います。高層建築で複雑な形をやる人はなかなかいません。でも自分の卒業設計は都市の中に忽然と現れる大きな一つの箱としての建築をちゃんとやりたいなという思いが強くありました。断面で勝負!って感じで。だから大きな断面模型だったりしたんですが。
複雑なのがいいとかそういうことじゃないけど、でもやっぱ自分の器量をちゃんと計りにかけて表現できる範囲でベストの表現しなきゃと思いました。

マウントフジの原田先生に言われたことは「僕は単発的なものではなく、未来に続くようなものを評価したい。革命的だからいいだろ?ということじゃなくて、それだとその建築は続くことなく落書きされて廃墟になってしまう。僕は落書きされているような革命的作品ではなく人の心に温かく見守られていくような作品を評価したい。」のようなことでした。
そういう視点で見られてしまうと、僕の作品は素直に評価ゼロだなと思うのですが。でも一つの評価基準だけで卒業設計は見れないと思います。
藤村龍至が今日の「卒、」で「僕はコンストラクションとコンポジションの視点で評価する。」といってたんだけど、いやいや、あれだけ色んな方向に向かっている作品があるなかで評価の視点を定めるのはいかがなものかと思いました。どこで評価するかを決めないと決められないものなのかよーと思いました。
だから、五十嵐さんが斧澤未知子を発掘して、その新鮮さに周りが驚かされたのも、その五十嵐さんの評価基準の視点がみんなにとって新鮮だったんだなと思う。建築家の視点ではなく、建築史家の視点として。
その審査の視点という意味では、今年のせんだいも色濃く出た。難波さん、妹島さん、梅林さん、平田さん、五十嵐さん。どんな方向性の作品をもピックアップできるように選ばれたラインナップである。社会性と一口に言っても、難波さんの社会性と平田さんの社会性は大きく違う。平田さんのはやはり伊東一派ということもあって、「身体性を獲得して共感されることに建築家としての喜びとやりがいがそこにあり、それこそが建築家として社会性を獲得するゆいつの方法だ。」とまで言い放った。平田さんの堂々とした発言と論理展開には頭が切れるなぁとつくずく感心してしまった。そして、妹島さんはやたら間が長い。しゃべり方までSANNAの建築みたいだなと思ってしまった。それだけのラインナップで意見が割れないわけがないし。今年のせんだいはつまらないという人が多いかもしれないけど、出典した僕らにはそれを言う資格はないし。審査員のせいでもないし。ただ憤りを覚える結果だった。
イチローが自分に腹を立てる感じとでもいいましょうか。
ただ、いい意味で近頃僕は僕に怒っています。
[PR]
by tokup_nao | 2009-03-18 12:55 | 建築設計 | Comments(6)


tokup.nao@gmail.com


by 徳田直之 (Naoyuki Tokuda)

プロフィールを見る

外部リンク

記事ランキング

カテゴリ

全体
建築
建築設計
美術
写真
音楽
映画

コラム
日記
インテリア

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 04月
2016年 03月
2014年 07月
2014年 03月
2014年 02月
more...

最新のコメント

地元には帰ってなかったん..
by tokup_nao at 15:49
Thank you so..
by tokup_nao at 21:40
コメントありがとうござい..
by tokup_nao at 21:33

ブログジャンル

建築・プロダクト
アート・デザイン
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31