<   2008年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ディプロマ中間発表

d0086747_22111358.jpg

d0086747_22125354.jpgd0086747_22173832.jpg
d0086747_2218925.jpgd0086747_2218231.jpg
d0086747_22185853.jpg
d0086747_2219831.jpg


今日は九月最後の日にして中間発表でした
みなさんお疲れっす

とりあえずガチャポンで獲った不二子ちゃんを使って模型をパシャリ

不二子ちゃん何気でかいからスケールが1/17になってもうた・・・

More
[PR]
by tokup_nao | 2008-09-30 22:41 | 建築設計 | Comments(0)

出会いの日


d0086747_2115512.jpg東北芸術工科大の子に誘われて朝から見てきましたー

新宿のギャラリーきらりで東北芸術工科大学の学生による「陶芸、金工、漆芸」異なる素材の三人展がやっています。

金工の浦中くんとやっと友達になれました。
友達の友達でよく話に出てきて想像通りの人でよかったw
すごく話しやすい。彼が作品を説明するときの感じがいい。こっちまで嬉しくなってしまう。作品と主が一つに繋がってる感じがいいな。そこで浦中作の酒飲みお猪口を一つ購入してしまった。僕が買ったやつは作品の中でも彼が一番気に入ってたものらしい。もちろん一点もの。責任感じます。大事に使います。ありがとう。この後もまた他で展示は続くので展示がすべて終わってから僕のうちに届けてくれるんだと。わくわく。


d0086747_2411695.jpgそのあと代々木上原の+case gallelyでの『ずこう展』 へ
建築デザイン(東京理科大)と服飾デザイン(文化服装女子)と環境デザイン(多摩美)の3者が融合し、糸・布・照明・ゴム手袋など身近な素材を用いて、『作ることの楽しさ』を多くの人に伝えもの。将来クリエイターを目指す学生総勢31名が集った学生団体agito。そのagitoの第一回制作展です。僕がいったときは東京理科大の人しかいなくて、これまた彼が楽しく熱く説明してくれました。目的の友達の友達(他人?)の多摩美の建築やってる人には会えませんでしたー。

でも展示が良かったっす。理科大の彼曰く、本当は三大学がコラボして一つの作品に仕上げるはずだったんだけど、話し合いに話し合いを重ねた上でコンセプトがまとまらず結局は三つつくったらしい。
でも、その苦労があってこんだけの迫力ができたんだな。
d0086747_34292.jpg


More
[PR]
by tokup_nao | 2008-09-25 01:48 | 美術 | Comments(4)

占い

d0086747_23295658.jpg

学校の帰りに銀座のH&Mに行ってきました

うん、ユニクロと変わりないよこれは。


でね


路上のいた占いのおばちゃんに手相を見てもらいました
初チャレンジ

3000円だったんだけど1000円分見てくれって言ってみてくれました
なかなかズバズバあたってて・・・

僕に関しては
・母親に似てる(家系的に女性が強い)(姉と妹とか)
・ガンコだから上司とぶつかる危険あり(ぶつかると思ったらうまくかわせ)
・晩婚するから早目の結婚は失敗するかも(女遊びはするな)(ナンパはとくにだめ)
・仕事は晩年に落ち着く(若いうちは苦労が多い)
・事故があっても命は助かる(生命運が強い)
・根がない女性とは結婚するな(仕事とか友人の紹介などよく知ってるとこ出の人がいい)
・仕事は四角い眼鏡で恋愛は丸眼鏡がいい
・今は勉強に専念しろ
・心臓と血管の病気に気をつけろ(ガンは今のとこ大丈夫)

後は生きるうえでのお約束みたいなものも
・自分が離婚すると自分の子供も離婚する可能性大
・女性には普段から優しく接すると自分の恋愛運も良くなる(特に母親とか)
・下げマンと結婚すると自分の運勢もどんどん下がるから上げマンと結婚しろ

沢山言われて全部じゃないけどまあざっとこんなとこだったけな
恋愛のことをかなり聞いてしまったような
あと友達が二人いてばしばしあたってておもしろかったw
性格とか健康面のことで
お互い言われたところを気をつけていこう・・・(^^;

この占い師は黒川記章も何回かみたことあるんだって
気になる女性がいて銀座のクラブに通ってたらしいw

おばちゃん曰く運命は環境によってどんどん変わっていく
出会う仕事や人によって
手相も若干変わるものらしい
何年後かにまたあのおばちゃんに見てもらおう
[PR]
by tokup_nao | 2008-09-23 23:50 | 日記 | Comments(2)

次回room開催のお知らせ!!<2008 room 02>

d0086747_14426.jpg

2008 room 02
日時;2008/09/25(thu) 19:00-
所; 豊洲校舎8F建築学科製図室
※今回は参加費として100円頂戴致します。

芸大出身の安宅研太郎氏、河内一泰氏、山口誠氏の三氏を迎えて行います。
建築設計の一線で活躍されている方が集まるという事で、面白いお話が聞けます。

前回に続き、おいしい食べ物飲み物を用意しています。

これたら来てねーー!
[PR]
by tokup_nao | 2008-09-19 00:55 | 日記 | Comments(2)

茨城県天心記念五浦美術館

d0086747_1144045.jpg

茨城県天心記念五浦美術館
内藤廣さんによる97年の作品

エントランスがやたら豪勢です
ちょっと重たい

倉庫型だけど、展示室に入ったらそんな感じは全くしません
いいんだか悪いんだか
エントランスの印象が強いし広い

展示物を汚さない意味で大事かもしれないけど
でも、建物の特徴がなんかもうちょい出ても良かったのかな

あともっと全体的に海に飛び出してほしかった
展望スペースが思ったほど展望できなかったので
けど法的に絶対無理だよね
絶壁なので落ちたら大変です

エントランスに入る前の水を囲む感じは実はこのときから少し構想してて
島根県芸術文化センターやコロンビアのメディジン市ベレン公園図書館で完成されたのかなと思った

More
[PR]
by tokup_nao | 2008-09-16 01:51 | 建築 | Comments(0)

原美術館

d0086747_1294067.jpg

群馬県渋川市のHaraMuseumArc

黒ずくめの建物が光を強調する

気持ちよく人を歩かせる長い外廊下
とても和風な感じ

シンメトリーな外観なのにそれ程権威的だとか威圧的な感じはなかった
むしろ、かわいいとすら思えてきそうな

増築部分はシンメトリーを崩していくように構成されている

でも、正面の外観は20年間変わりません


牧場の隣にあるってのがとてもしっくりくる美術館
来館者はゆったりと美術館を巡ったり、階段に座って牧場の牛乳を飲んだり

各々の個室とそれを取り巻く外廊下で構成された不思議な美術館

晴れの日ももちろんいいけど
大雨の日にも一度行ってみたい

降りしきる雨の中を
黒い屋根に守られながら出たり入ったりしたら楽しそうだ

More
[PR]
by tokup_nao | 2008-09-15 02:46 | 建築 | Comments(0)

大谷資料館

d0086747_4511249.jpg

栃木の方まで車でぶっ飛ばしてきました。
地下30mの「大谷石地下採掘場跡」は、野球場が1っ入ってしまう程の巨大な地下空間。アメリカの建築家、フランク・ロイド・ライトの設計による旧帝国ホテルにも使われた大谷石。
今では博物館の他にコンサートや美術品の展示や結婚式にも使われる面白い場所。
夏場でもTシャツだと寒いぐらい中は冷え込んでて、
天井から水の雫が落ちてきて、たまにヒットする。

すごく癒されてしまいました。
あと受付のお姉さんがきれいでしたぞよ。

More
[PR]
by tokup_nao | 2008-09-09 05:25 | 建築 | Comments(16)

地球を彫刻する

d0086747_211541.jpg
昨日から世田谷美術館でやっているダニ・カラヴァン展に行ってきました。1930年生まれのイスラエルの彫刻家Dani Karavan
この展示ではイスラエルとドイツの協力の元で企画された世界巡回展です。78歳ぐらいになるのでしょうか。高齢にも関わらず未だに世界各国を回り精力的な活動をしています。
磯崎新さんと同じぐらいか。北九州の美術館でも展示されたことがあるようでもしかしたらお知り合いかもですね。
この展示ではインスタレーションから始まり時代を遡り若いときの絵画から舞台芸術、彫刻という順に展示されています。

最初のインスタレーションは通路にあり、「床に落ちた石」→「天井に掛けられたはしご」→「天井から釣り下がる米袋」→また「石」「はしご」「米」 が反復されて通路が終わるまでつらなるもの。視点が下の石からはしごによって上におびき寄せられ米をみつめる、それが何回かつづく。反復することによって次第に高まる期待感・・・。そこに突如現る、砂。砂に付けられた小さな子の手。ドキっとした瞬間奥の扇型の展示室に目をやると黒石の山が四つ。それもまた砂の上。砂・・・。とても静けさを纏う四つの小さな山。墓を見ているような、もしくは始まりを見ているような。砂をよく見ると誰かの足跡が。よたよたと歩いたような感じ。もしやカラヴァンの足跡か・・・?彼はどこに行くのか、もしくは行ってきたのか・・・。 美術館の中の空間を彫刻したカラヴァン。恐るべし。

高齢なので日本に来るのはこれで最後になるかもしれないとふと思った。すいませんw

作品
[PR]
by tokup_nao | 2008-09-04 01:58 | 美術 | Comments(0)


tokup.nao@gmail.com


by 徳田直之 (Naoyuki Tokuda)

プロフィールを見る

外部リンク

記事ランキング

カテゴリ

全体
建築
建築設計
美術
写真
音楽
映画

コラム
日記
インテリア

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 04月
2016年 03月
2014年 07月
2014年 03月
2014年 02月
more...

最新のコメント

地元には帰ってなかったん..
by tokup_nao at 15:49
Thank you so..
by tokup_nao at 21:40
コメントありがとうござい..
by tokup_nao at 21:33

ブログジャンル

建築・プロダクト
アート・デザイン