<   2008年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ART IS FOR THE SPIRIT

森美術館にしてもサントリー美術館にしてもグローバル化に行き着く先の反省が少しずついい形に出てきたのかなと思う。というのも、森美術館のコレクションはアジアのアートを特化するという方向性をもっている。僕はこれがすごく気に入ってて、東京には海外のものばかりで外国の人がアジアの代表国として日本に来たときに愕然としてしまう。しかも、様々な国の様式が入り交じりながら混在している。もうアジアの混乱を見に来たようなものになってしまうわけ。その混乱具合はそれはそれで面白いと言う人もいるけれども、もっとその混乱も含めアジアの総括としての美術館があるといいと思う。サントリー美術館は名前はダサいけど隈さん設計の綺麗な建物だし、日本をテーマにした美術館がやっと東京にできたかと。国立新美術館はNationalgalleryなのに母国の作品の常設展がない。ないはずがないのにない。公募展のみで成り立つNationalgallery(悲)。ポンピデューセンターにフランスの作品がないようなものだよ。日本の歴史にはアートがありませんと世界に宣言しなくてもいいのに。でも本当は立派に存在してたし今でもしてる。日本画や漆などの伝統工芸の他にも俳句、茶道、華道、剣道、武士道と生活に関わるものを何でも芸術にまで昇華してしまう感性があるのに。なので新美術館は黒川さんの円錐も好きになれないしあんま行ってません。

d0086747_25703.jpg本題に入ると、今やっている森美術館の展示会に行ってきました。
スイスに拠点を置く金融機関UBSの現代美術コレクションの展示でした。
会場は「ポートレイトから身体へ」「造られた世界」「ランドスケープから宇宙へ」の三部構成になっていて、進むにつれてスケールが次第に大きくなっていきます。

トーマス・ルフのパスポート写真みたいなポートレイトはサイズが大きいだけでこれだけ抽象的になってしまうのかと驚いた。彼がいうように「写真はそれ自体のリアリティを持ち、自主的な存在となる」の意味が体験でわかる。
チャック・クロースの《セルフポートレイト》は大き過ぎるくらいに書くことで細部に目を引きつかせてグリッドひとつひとつ小宇宙のような塊の集合体としてのポートレイトを認識させる。所詮人間は総体としてのその人を見て認識しているんだというかのように。人が見ることができないミクロなレベルなまで見れたら宇宙に繋がってるんだと。
シュテファン・バルケンホールの《柱像:男》《柱像:女》やフィッシュリ&ヴァイスの白い女性の作品はすごく平凡で、何もなさそうな人。何もないけど存在感がる。それは人だからであり、人間性の象徴でもあるような。『潜水服は蝶の夢を見る』っていう映画で「人間がすべてを無くしたときに人間性にすがって生きるんだ」と言ってたのと同じようなものを感じる。この作品は静かに力強い。
ツァオ・フェイやチェン・ジエレンの動画は経済至上主義の批判がもろに出てて「日本人の責任で中国は!・・・」みたいなことになっててちょっと心苦しかった。でももちろん映像としては綺麗。アンドレアス・グルスキーも《99セント》もそうだ。オスカル・ムニョスの消え続ける人の顔の絵の動画は生まれては死んでいく人。桜散る美しさ。

ポートレイトだからその人の個性だったり躍動感がテーマと思いきや見事に裏切ってくれる。それと同様に建物を抽象化するトーマス・フレヒトナーの《寒冷》やサラ・モリス、ジュリアン・オピー、ゲルハルト・リヒターのようなものもあった。でも建物に残る人の存在感を感じさせるダグ・ホールやカンディダ・へーファーの写真も静かに美しい。
それとは逆に宮本隆司の阪神大震災でぶっ壊れた建物の写真の数々は荒々しく激しい。これを美しいといってしまうと被災者の方々に反感を食らってしまうかもしれないけど。でも正直なとこ、壊れかけの建物を見るとわくわくしてしまう。ビルの解体現場があると衝立の隙間から除くし、「戦場のピアニスト」に出てくるような壊れ果てた町を見ると変な感動をするし。たぶん、人間にはぶっ壊れるときの感動みたいなのがあるんだな。破壊願望みたいな。その考えをさらに後押しするのが、畠山直哉の《プラスト》だったりする。


こんな感じでいろんな種のアーティストがいるので誰かしらとピントが合うはず。是非足を運んでみては。
[PR]
by tokup_nao | 2008-02-29 01:24 | 美術 | Comments(2)

ギリギリジンジンジン♪

怪傑ギリジン

今月ギリギリだ♪



今更はまっちゃった・・・
[PR]
by tokup_nao | 2008-02-27 12:44 | 日記 | Comments(3)

通夜

行ってまいりました

僕は中学のときは陸上部で、今とは比べようがないくらい爽やか青年な時代がありました

そのときの部活の顧問の先生が早くも癌で亡くなって

通夜一日前に当然友人からメールがきて、急いで千葉に帰って
車に友人を三人乗せて高速をぶっ飛ばして行ってきました


先生だけあってたくさん来てました

女子生徒がたくさん来て
たくさん涙を流し
慰めあってて

御霊前というものを初めて渡して

式場の独特な匂いを嗅ぎながら、先生の顔もしっかり確認してきました



ガラス割ったときにすんごい怒られたり

幅跳びで飛ぶ瞬間に
「いまっ!!!」「トーーーーン!!」
と力強い言葉を掛けてもらったり

あの熱い視線だけは一生忘れません

とてもパワフルな女教師だった


死ぬ前に今の自分を見てほしかった
ちょっとは成長したんですよー みたいな


今でもよく 幅跳びとか高飛びやりたいなー と思います
飛んで空を切る感じとかほんと気持ちいいんだ

いろんな意味で今日は先生にありがとうの気持ちを伝えてきました
[PR]
by tokup_nao | 2008-02-16 03:04 | 日記 | Comments(0)

研究室が決まりました!

研究室に入るための即日設計課題が出されました

期間は5日間
睡眠時間を削りつつ、前の自分の住宅作品を越えようとがんばって
結構楽しく設計できました☆

その研究室には今までの成績とその即日課題と面接で決まります


面接でH先生に言われたこと

「きみは育てがいがあるからなぁ」

嬉しかったっす


でも、何だかんだめちゃめちゃ緊張しながら今日研究室の前に掲示されてあった結果をみてきました


12人の名前の中に僕の名前が載ってました


第一志望の研究室に合格しました(^^)

今は安堵気持ちで一杯です

お世話になっているI先生にも報告のメールをしました


四年生から頑張れる環境に入ります
入ったからには先人を切って研究室を盛り上げていきたいと思います!!

☆即日課題☆
[PR]
by tokup_nao | 2008-02-14 19:08 | 建築設計 | Comments(6)

ひとまず手伝い終了

そこにあるんだけど現実感のないような

非現実感の証明がしたいな

童話や夢に出てくるような儚さと力強さを持った建築をつくりたいなーー と思った


一見、儚さと力強さって矛盾するように思えるけど、実は力強い程朽ち果てやすいものなのかなと思う

自分が大きな力だと存在証明するにはそれと同じくらい大きな存在に衝突するから


そんなこと、むんむんと考えながら小林先輩のお手伝いをしました


敷地条件とコンセプトを与えられて、大体の建物の輪郭を決めていただいて、後は僕に任せてくださいました
ありがたやです

d0086747_1352271.jpg

d0086747_1354042.jpg


小林さんいわく、これは高層建築へのアンチテーゼであると
かわるがわる姿を変えゆく東京の建築への批判である

敷地は五反田駅のすぐ近く
三つの土木構築物、山手線、東急東横線、目黒川に囲まれたデルタ地帯
ここでは周りの敷地環境は変わることが無い
その三つを頼りに設計することで時代が変わっても変わらない建築を目指した

評価は月曜日以降にでるそうです
責任感じます笑



そんなわけで?最近はズントーがお気に入りです
こちらでブリューダー・クラウス・フィールド・チャペルのスライドショーが見れます

かっくいいですね
いつか必ずこの目で見よう

おまけ
[PR]
by tokup_nao | 2008-02-10 01:10 | 建築設計 | Comments(3)

d0086747_12504257.jpg


一昨日東京で雪がふりました

年に一度降るか降らないか
今年は降る年でした


僕が小学校の時、大雪が降りました

家の前を雪かきをしていて、コンクリートが顔を出すと


それを見ていた三つ下の妹が

「あーーー、やめてーー!」


と叫んでいたのを雪が降ると必ず思い出します

うんうん、その気持ちすごくわかる


一気に変わった夢のような白銀の世界は
雪が溶けるスピードで、徐々に元に戻っていくのが一番いいんだろうなとよく思う


雪が降るだけでいつもと違う場所が生まれて
雪が降るだけでいつもと違う気持ちになれる

千葉人の僕には雪がそんな感じです
[PR]
by tokup_nao | 2008-02-05 13:07 | 写真 | Comments(0)


tokup.nao@gmail.com


by 徳田直之 (Naoyuki Tokuda)

プロフィールを見る

外部リンク

記事ランキング

カテゴリ

全体
建築
建築設計
美術
写真
音楽
映画

コラム
日記
インテリア

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 04月
2016年 03月
2014年 07月
2014年 03月
2014年 02月
more...

最新のコメント

地元には帰ってなかったん..
by tokup_nao at 15:49
Thank you so..
by tokup_nao at 21:40
コメントありがとうござい..
by tokup_nao at 21:33

ブログジャンル

建築・プロダクト
アート・デザイン
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29