<   2007年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

実家にて

d0086747_22223282.jpg

網戸越しに顔をむちゅ--ってやってます

21歳のおじさんに対しての何かの挑発でしょうか(^^;)
いつもアホなことしてるカイユキを見てると何だか癒されるw

今週末はちょこっと実家に帰ってきました
田舎に帰るとどたばたした都会の暮らしを忘れます
ほんと休みって感じがする

でも何だか実家の自分の部屋にはあまり入りたくないんだよね
部屋に染み付いた記憶がそうさせるのでしょうか

なので実家に帰るとずっとリビングにいます
お菓子食べながらコーヒー飲んで一人で好きなDVD見てますわ
たまにはいいよねーー

d0086747_22295452.jpg

花火にあたると熱いってことを知らないカイユキは
「見てーーー」といいながら平気で花火を人に向けてきます

あーー怖い怖い

まあ子どもには常識がないから見てておもしろいんだけどね



あと、今世界陸上やってるね
元陸上部だったこともあり見ると熱くなってしまうよ
世界の大舞台のプレッシャーは計り知れないものだけど
日本代表頑張れーー!!
[PR]
by tokup_nao | 2007-08-25 23:09 | 写真 | Comments(2)

箱根 彫刻の森

d0086747_23555541.jpg
d0086747_23561883.jpg
d0086747_23563266.jpg

d0086747_23584495.jpg

d0086747_23582556.jpg

d0086747_2359039.jpg
d0086747_01965.jpg
d0086747_013265.jpg

d0086747_015075.jpg

彫刻って人間的だなと思います。
デッサンでもヌードの方が書きやすいのと同じで彫刻もヌードが多い。
動物は毛で覆われてて、でも人間はそこまで毛で覆われてないしあの(女性は特に)丸みを捕らえようと思ったらやっぱり裸が一番いいのだろう。

なので、少しエッチに撮ってみました。
というか、膨らみとか、肌触りとかわからないと作れないと思いますよ。
海外の美術館に展示されている彫刻作品は手で触れるのが多いのに、日本はほぼダメなんだよね。それってやっぱり彫刻作品からすると悲しい。手触りとかも大事な一つの感覚として作品をつくるのが三次元の作品の醍醐味でもあると思う。一つでも多くの感覚に訴えるべきだと思いますよ。
恋人同士が五感で愛し合うのと同じように。


d0086747_02553.jpg

d0086747_045699.jpg

↑斬新な構造体です。でも作られたのは結構古かった気がします。

d0086747_022011.jpg

↑これは彫刻の森に建っている塔の内部。 外から見るとすごく地味なんだけど中に入ったとたん、すげっ!! ってなります。 うん、ギャップにやられましたわ。
二十螺旋の階段いいです。  そう、結構前に僕もCGで作ったんですよ。 ↑の方がそりゃ格別にいいけど。
[PR]
by tokup_nao | 2007-08-20 00:31 | 写真 | Comments(0)

集合住宅終了!!

麻疹休みがあったりで設計の授業の提出日がずれてずれてやっと今日講評会をしました


やっと前期の課題が終わったーーーーい
夏休みだーーーい

d0086747_17122931.jpg


食の集積回路アパートメント



集合住宅って一緒に住みながらもお互い知らん顔して
それってちょっと寂しいよね
同じ建物に集合して住むならば
集まって住むために生まれる魅力があるはず

うんうん、建築家としては考えたいことだ


今回設計をするにあたって「食」をテーマに集合住宅を考えていました
「食」がお互いを繋げる媒体となって集合住宅を楽しくできないかなと思っていたのですが・・・

結局できませんでした



「食」がコミュニティーを発生させるという取っ掛かりはいい 
集合住宅としての空間を作ることで手いっぱいになっている
と言われました

ずばりその通りですわ


一方で
テーマと空間は一致しない
という先生もいました
そこに住みたいか否か?

結局はそこに帰結するんじゃないかと


んーーーーーーー


テーマはあってもそれが必ずしも空間に反映しなくてもいいということなのか

んーーーーーーーーーー

今の僕にはわかりましぇん
[PR]
by tokup_nao | 2007-08-11 17:12 | 建築設計 | Comments(4)

里帰りでの衝撃

もう怒り爆発です

久しぶりに地元に帰ってきたら
なんと20階建てのマンションが我が市の緑豊かな美しい中央公園の目の前に建つという看板がありました

地元の都市計画課及び建築課には呆れたよ

公園の周りには高くて三階建てのイトーヨーカドーぐらいなのに
駅の近くならまだぎりぎりわかるけど(でもいやだけど)、あそこに建てんのかよ!!

怒りの収まらない僕はとりあえず市役所の都市計画課・建築課に資料提供を求めに訪ねました
えっと結論からいうと
怒りが促進されました

最初に資料をくれと言ったら、しばらく待たされ奥から偉そうな人が出てきました
一切の資料は公開してくれず、むしろ資料はないと言い張ってるのです
無いわけがないだろ!!
市にあれこれの資料を提出しないと法的に建築は建たないのに
若造だと思って完全に舐められました

そもそも都市計画課なんて我が市にはいらないよ
誰も都市化なんて望んじゃいない

マンションの看板見ながらおばさんが言ってました
「こんな高い建物いやよねーーー、何考えてるのかしらね」

まったくその通り
景観が崩れるのは一目瞭然
こんなマンションで過疎化を防ごうとしてる市が悲しい
もっと豊かな解決法はいくらでもあるだろ
お洒落な内装の20階建ての建物はとてもこの地では不似合いでした

絶対に後悔するし
絶対に間違ってる

市役所の都市計画課・建築課がこんなんじゃいい町にならないね

市役所の都市計画課のおっさんが言ってたけど六月に意見交換会や説明会はあったみたい
おっさんの雰囲気からいろいろ地域住民と交戦したんだな と瞬時に感じた
メガネ越しのあの目はそんな目だった

もし、僕が地元で働くことになったらこのおっさんが敵になるんだろうな
[PR]
by tokup_nao | 2007-08-01 16:58 | 建築 | Comments(0)


tokup.nao@gmail.com


by 徳田直之 (Naoyuki Tokuda)

プロフィールを見る

外部リンク

記事ランキング

カテゴリ

全体
建築
建築設計
美術
写真
音楽
映画

コラム
日記
インテリア

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 04月
2016年 03月
2014年 07月
2014年 03月
2014年 02月
more...

最新のコメント

地元には帰ってなかったん..
by tokup_nao at 15:49
Thank you so..
by tokup_nao at 21:40
コメントありがとうござい..
by tokup_nao at 21:33

ブログジャンル

建築・プロダクト
アート・デザイン
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31