カテゴリ:建築設計( 80 )

展示会のお知らせ

d0086747_13574736.jpg
『とんがり船』

全日本学生建築コンソーシアム2009住宅設計コンペ展

会期2009年11月12日(木)~11月17日(火) ※水曜日(祝日を除く)休館
時間 10:30~19:00
会場 リビングデザインセンターOZONE(7F リビングデザインギャラリー)
    〒163-1062 東京都新宿区西新宿3-7-1新宿パークタワー
主催 JACS 全日本学生建築コンソーシアム
協力 リビングデザインセンターOZONE
入場料 無料
問い合わせ先 03-5322-6500(10:30~19:00 水曜日休館)


30点の住宅模型が見れます。そのうちの1点が僕の模型です。
初日の木曜の午前中と土曜日(公開審査)は僕はいます。
審査ではプレゼンはしません。ただ模型をじろじろ見られて最終審査を待つだけです。
大学以外の人は僕の建築模型を見る機会はなかなかないと思うので、これを機に是非来て!
大学の方々は、新宿パークタワーよりもうちょっと歩いたとこにあるNTTコミュニケーションセンターコープ・ヒンメルブラウ回帰する未来(2009年9月19日─12月23日)という激熱のヒンメルブラウ展がやっているので、そのついでに来てくだされ。
d0086747_16302035.jpg
《アストロバルーン 1969 リヴィジテッド――フィードバック・スペース》2008年 © Bengt Stiller



<11月11日追記>

つか東京オペラシティアートギャラリーでやってるヴェルナ・パントン展も熱いじゃんかぁああ!!
http://www.operacity.jp/ag/exh111/
d0086747_22164399.jpg

あの丸いイスのかっこよさと言ったら、溜息が出るくらいだーー。行かねばそんそん。

More
[PR]
by tokup_nao | 2009-10-30 16:01 | 建築設計 | Comments(2)

MARHIのディプロマ

d0086747_21315116.jpg

僕がモスクワ建築大学(MARHI)に交換留学に行ったのは九月の一か月間で、丁度学校では卒業設計の展示がやっていた。
おそらく、向こうの評価基準はよくわからないけれど、建築単体の設計も勿論多かったが、アーバンデザインとしてビッグスケールのものが多かった。おそらく、高度経済成長の中でこれからそういった巨大開発が求められてくるという期待感からであろうか。実際にセントピーターズバーグの郊外では中国の建設会社がとてももいいと言えないデザインでどでかい集合住宅をつくっていたり、モスクワ中心部から20km離れたばしょでもバンバン高層マンションが建っている。その勢いを見てしまうと、これから仕事は山のようにあるのだろうなと思う。
でも、どの学生もとても硬い印象を受ける。建築っぽ過ぎて、日本の学生の卒業設計を見る感覚で見てしまうと、どれもとてもバランスが取れ過ぎていて優等生過ぎる印象を受ける。それも、評価基準の違いからであろうか。ソフトな提案がなさそうだとも感じる。残念ながらロシア語が読めないので説明は読めなかったが。形もヨーロッパの二番煎じのような、たまに日本っぽいのもある。手は動くけど、ロシア独特の建築が発見できなかったのが残念であった。もっと構成主義の息吹がかかったものが見たかった。
建築教育のベースはしっかりしていて、伝統的とも言える。1、2年生は静物画からギリシャ建築のオーダーの詳細な影の落ち方の模写から始まる。そこにここ近年で学生の間でもパソコンを持つようになり、CGソフトが瞬時に広がったのが今の状況だ。今使われているモデリングソフトはMAXであった。もう大流行という感じで、どの作品も表現だけで見るととても似ていた。MARHIの学生がCGの操作性を獲得し過ぎて飽きた頃に面白くなってくるのかなと思う。CGに流れが完全に行ってたせいか、模型の表現はお粗末なものであった。
d0086747_2244561.jpg
d0086747_22441725.jpg
d0086747_22442850.jpg


More
[PR]
by tokup_nao | 2009-10-01 21:26 | 建築設計 | Comments(0)

ワークショップ

d0086747_245513.jpg
敷地調査→コンセプト・プログラム→大まかな形→大きさの調整→断面構成→ファサード及び全体の構造→諸場面の設定  のような順番で話が進んでいる。いつのまに、一度決めたことは戻らないのが僕らの決めごとのような雰囲気ができあがっていた。戻るとすれば、それがつまらないままになっている場所だ。もっとおもしろくなる提案がある場合は戻ることもある。なければガンガン先に進むのみ。


「I have a nice idea!!!!」

と言って、頭に電球の明かりがピコーン!!と付く瞬間が、お互いに楽しさを分かち合っているなと実感できる。それがチームで設計をやるときの醍醐味かな。

More
[PR]
by tokup_nao | 2009-09-18 02:53 | 建築設計 | Comments(4)

Farnsworth House

d0086747_23461677.jpg
GA DETAIL1 Mies van der Rohe / Farnsworth House の本を見ながら立ち上げたのだけど、どうしても手前の段数が合わない。本当は四段なんだけど、五段になってしまう。図面が間違っているとしか思えないんだよなあ。

今堀越研究室は断面パースで建物のテクニックを紹介するような本の出版の準備をしています。
僕の担当はミースのファンズワース邸とフィリップ・ジョンソンのグラスハウス。

担当になってから気づいたけど、どちらも断面が際立つ建築でもないな・・・。
[PR]
by tokup_nao | 2009-07-03 23:46 | 建築設計 | Comments(2)

2009 スモーカーズスタイル

d0086747_13254036.jpg

d0086747_13241273.jpg

d0086747_13255813.jpg

d0086747_13254620.jpg


不通過のもの。

その氏と二人でやりました。
建築工事が必要な提案はダメとコンペに書いてあったにも関わらず、やっちゃったやつ。
でも、これはこれで好きでした。
[PR]
by tokup_nao | 2009-06-26 13:23 | 建築設計 | Comments(0)

卒業設計の講評

OBの方々に自分でも気づかなかったような感謝感謝の講評を頂いたので今更ながらアップします。

鋭い指摘の数々です。
鷹に睨まれた蛙の様な気分です。

あーーーーー、がんばらなきゃな。悔し嬉しいな。

講評
[PR]
by tokup_nao | 2009-05-07 10:13 | 建築設計 | Comments(0)

川越見学

d0086747_2283937.jpg
d0086747_2284925.jpg
鏡山酒造跡地です。中に入ると張りぼてぼてしたます。

d0086747_2210547.jpg
旧川越織物市場。
建物のプロポーションがかわゆす。何となく、アトリエワンみたい。


d0086747_2210377.jpg
蔵の町並の通り。
真っ黒な建物が軒を連ねてます。侍の鎧のようなただならぬ怪しい雰囲気が漂っています。

d0086747_22113778.jpg
大正浪漫夢通り。鯉が泳いでいます。

蔵造りがあればバロックリバイバルのような建物もあり、長屋があり。そして観光目当ての人々が押し寄せる町、川越。最近では、NHKの連続テレビ小説「つばさ」がスタートし、ますますその勢いは増していく。
こんなハチャメチャ馬力のある町に建物を設計するという課題が出されました。
町独自の景観法が無数に張り巡らされているとても厳しぃーーー場所です。

課題だからそこまで厳密に守らなくてもいいと思うけど、でも、やっぱ、その場所のリアルを想像できる楽しみとそれに相反する翳りのようなものを孕んだ建物を設計したい。
坂本一成の言葉を借りれば、日常の延長から非日常に遭遇するような。はたまた、レムのカーサ・ダ・ムジカのように、町にどかんと大きな口を開けて、また町の路地が取り込まれているくせに、異世界に招待させるような。楽しく僕らを裏切ってくれるような建物を設計したい。
[PR]
by tokup_nao | 2009-04-29 22:38 | 建築設計 | Comments(2)

卒業設計の反省など

d0086747_22533655.jpg
d0086747_142113.jpg

せんだいデザインリーグに出典した模型が今日帰ってきました。
軽トラで辰巳に取りに行きました。芝浦工大の人は豊洲からなので超楽ちんです。

エントリーナンバー157の「遊刑地」の結果は100選まででした。
表を入れてくれたのは五十嵐さん、小野田さん、中田さんでした。
五十嵐さん票狙いだったので入れてくれてて嬉しかったです。
あと、五十嵐研の加藤さんコメントありがとうございました。
そうなんです、もっと中身をぐちゃぐちゃにしたら良かったなあと作り終えてから思いました(笑)
丸山洋先生にも、「もっと中身を危うくしたほうがいい、今にも崩れそうなぐらいに」と言われました。
最初はピラネージの監獄のイメージだったんですけどね。
壁で囲むっていうプラン計画はずっとあったんですが、中身をどうしようとぐだぐだしてたら時間が過ぎてしまっていました。今思うと、気付かないうちにどんどん自分の手が硬くなってしまっていて動いてませんでした。
最終的に、図面描いてるときはいいじゃないかと思ったんですが、模型にしたら予想よりもはるかに整合性が取れてしまって焦った感じでした。
図面から模型を作らずに、模型から図面をつくるべきだったのかもしれません。ゲーリーのように。スタディが全く足りてませんでした。はぁ。
あと、どうしても、あのぐらい大きい建物になると空間操作が難しい。
やっぱ低層の方が複雑な形はやりやすいなあと思います。高層建築で複雑な形をやる人はなかなかいません。でも自分の卒業設計は都市の中に忽然と現れる大きな一つの箱としての建築をちゃんとやりたいなという思いが強くありました。断面で勝負!って感じで。だから大きな断面模型だったりしたんですが。
複雑なのがいいとかそういうことじゃないけど、でもやっぱ自分の器量をちゃんと計りにかけて表現できる範囲でベストの表現しなきゃと思いました。

マウントフジの原田先生に言われたことは「僕は単発的なものではなく、未来に続くようなものを評価したい。革命的だからいいだろ?ということじゃなくて、それだとその建築は続くことなく落書きされて廃墟になってしまう。僕は落書きされているような革命的作品ではなく人の心に温かく見守られていくような作品を評価したい。」のようなことでした。
そういう視点で見られてしまうと、僕の作品は素直に評価ゼロだなと思うのですが。でも一つの評価基準だけで卒業設計は見れないと思います。
藤村龍至が今日の「卒、」で「僕はコンストラクションとコンポジションの視点で評価する。」といってたんだけど、いやいや、あれだけ色んな方向に向かっている作品があるなかで評価の視点を定めるのはいかがなものかと思いました。どこで評価するかを決めないと決められないものなのかよーと思いました。
だから、五十嵐さんが斧澤未知子を発掘して、その新鮮さに周りが驚かされたのも、その五十嵐さんの評価基準の視点がみんなにとって新鮮だったんだなと思う。建築家の視点ではなく、建築史家の視点として。
その審査の視点という意味では、今年のせんだいも色濃く出た。難波さん、妹島さん、梅林さん、平田さん、五十嵐さん。どんな方向性の作品をもピックアップできるように選ばれたラインナップである。社会性と一口に言っても、難波さんの社会性と平田さんの社会性は大きく違う。平田さんのはやはり伊東一派ということもあって、「身体性を獲得して共感されることに建築家としての喜びとやりがいがそこにあり、それこそが建築家として社会性を獲得するゆいつの方法だ。」とまで言い放った。平田さんの堂々とした発言と論理展開には頭が切れるなぁとつくずく感心してしまった。そして、妹島さんはやたら間が長い。しゃべり方までSANNAの建築みたいだなと思ってしまった。それだけのラインナップで意見が割れないわけがないし。今年のせんだいはつまらないという人が多いかもしれないけど、出典した僕らにはそれを言う資格はないし。審査員のせいでもないし。ただ憤りを覚える結果だった。
イチローが自分に腹を立てる感じとでもいいましょうか。
ただ、いい意味で近頃僕は僕に怒っています。
[PR]
by tokup_nao | 2009-03-18 12:55 | 建築設計 | Comments(6)

卒業設計を見せに・・・

d0086747_20122396.jpg

丸山先生に卒業設計を見せに行きました・・・

生徒からもらったタバコをプカプカと吹かしながら
「これはどういうこと?」

と聞かれ

その瞬間に解答と紡ぎ出し答える

質問と答えのようなものを繰り返していく
言葉のキャッチボールを繰り返す
必死に投げ返しました

終わってみて、この計画の全貌が見えてきたような気がした


いい質問はいい解答を生む。

タナトスという言葉に敏感に反応してくれて良かった。
おれの考えてること通じるじゃん!って少し自信になりました。

「ここにいる人たちのことは考えていません」
と言ったら。
「おれはそういうの好きなんだよ」
と笑いながら言われたり。

このボールを断片的に見たら、ひどく、面白いかもしれない・・・。

40分間ぐらいも話せた。

It was possible to speak with him.

びっくり。幸せでした。

11日にプレゼンです。

帰りに
「結果がどうなったか後で小室に聞くからな!」
と言われた。


ちょ

ちょっと

プレゼンがんばらなきゃ・・・・・・・・・・・・。
自分のためというか、この作品のために・・・・・・・。
[PR]
by tokup_nao | 2009-02-06 20:32 | 建築設計 | Comments(0)

大宮までエスキスを

d0086747_119105.jpg

帰りの電車で矢野くんに

「とくちゃんーー、目半開きで口開けて寝てたよ」

と言われてしまった
一日疲れたんす


昨日の夜、急遽大宮でエスキスを受けることが決まって
徹夜してうりゃーって出せそうなもの作って見せてきました。
先生の言うことがわかれば分かるほど、僕の案は後退します。
ポジティブな後退かもしれませんが。時期が時期なのでそろそろまずい。
ここで進化が問われます
菊竹さんが
「デザインは一瞬にして決まる。」
と言ってました。
一瞬にして決まるからこそ、そのデザインにはキレがありそう。
まあ、地道に決まるデザインもそりゃあ当然のようにあるだろうけど。


そんで、私用の為実家の千葉まで超寒い中頑張って帰ってきました。
風がほんと冷たい。ホームの人たちがみんな寒そうで、変な連帯感を感じてしまうほどに。

実家にはお姉ちゃんと子供達がいてわいわいな感じ

カエちゃんの羊の着ぐるみが超かわいい

癒されるぅ




てか

卒制がんばろう。
楽しもう。
ファイトじゃー。
[PR]
by tokup_nao | 2009-01-11 01:19 | 建築設計 | Comments(2)


tokup.nao@gmail.com


by 徳田直之 (Naoyuki Tokuda)

プロフィールを見る

外部リンク

記事ランキング

カテゴリ

全体
建築
建築設計
美術
写真
音楽
映画

コラム
日記
インテリア

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 04月
2016年 03月
2014年 07月
2014年 03月
2014年 02月
more...

最新のコメント

地元には帰ってなかったん..
by tokup_nao at 15:49
Thank you so..
by tokup_nao at 21:40
コメントありがとうござい..
by tokup_nao at 21:33

ブログジャンル

建築・プロダクト
アート・デザイン
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31