カテゴリ:建築( 98 )

Movie House

フレームの操作で住宅をつくったスタディー
一つの法則性を設計者の範囲を越えてドライブしていったようなつくり方をしたかった
あー、やりきれていないな


住宅のために考えた作り方じゃないものを持ってきて、それを何とかして住める形に操作していく方が面白い住宅になるのではないかと考える

美術館をリノベーションするような要領で‥‥
青木淳の青森県立美術館のような‥‥

ある決まりごとの上で設計者の手から離れて自動運転していくつくり方
やってみたいな

色使いが
荒川修作みたいだ‥‥
もっとやさしい感じにしたいな

てか中見え過ぎなんす。  まだ住めないっす。 
調整しなくてはーーー
d0086747_4425777.jpg

[PR]
by tokup_nao | 2007-04-27 04:46 | 建築 | Comments(3)

鼓動するココロ

最近家にいる時間は暇なんで久しぶりにコンペに出してみましたよー。
「WORLD Space Creators Awards 2007」というコンペ。
「鼓動するココロ」がテーマで、それに沿うショップスタイルの提案です。
意味広すぎですよね。ココロが鼓動するようなショップならなんでも良いってことですかね。条件がしぼられない分なんでも考えてよいので返って戸惑う人が多かったのではー。まあ、出題者がある程度の制限を出さない方が面白い提案が出てくるってのはよくある話ですよね。ぶっ飛んだ提案お願いします と僕には聞こえて来ますよ。

「Cloth×Cross」
d0086747_23571443.jpg

サーカス団のように突如ショップが公園に現れた。歩道とショップ、ショップ同士の境界は薄いクロスで仕切られている。人が通る度、風が吹く度、変幻自在のクロスは境界を曖昧にしていく。しかし風さえも触れないときは分けられてしまう。開いたり閉じたり。そこで僕らはココロを開いたり閉じたり。壁ができたりできなかったり。見えたり見えなかったり。僕らはそれを自分の手で切り開くことができるのだ。鼓動するココロを抑えて。


「ホンヘキ」
d0086747_0191080.jpg

まちに佇む本屋の提案です。建物の壁全体が本棚になっている。まちを歩く人と本屋が本で境界をつくることによってお互いを結びつける。境界がそのまま情報の発信源となり、本屋の中にいる人が何気なく本を取ったり戻したりすることで常に境界に変化を与えつづけ、外に訴えかける。ココロを揺さぶる本の壁を提案します。





っていう提案です。 あー恥ずかし。 模型写真はあんま撮ったことないから、十分に時間が無いこともあり、満足に行くものが結局撮れず(><) 
まあどっちもダメもとで出したんよ。ホンヘキ屋根無いし。あーあ。人入れた写真もあるけどいい感じにならんかったし。あちゃーあ。
大学の先生が言ってたんすよ。
コンペなんてダメもとだよ。当たればもうけもんな感覚で出せ。出すことが大事だ!

まあ、コンペだけじゃなくても何事もそうだよね。取りあえず挑戦してみましょーよ。
その代わり自己ベストは尽くすこと。

コンペが世間の今注目・話題してることを考える機会になるし。
にしても今回のコンペではどんなのが選ばれるのだろー。ビスタも発売されたし、新たなネットワークをメタファーにした作品とか出そうな・・・。出ないか。
審査委員長の深澤直人の「デザインの生態学」(東京書籍)を一度ペラペラと読んだことがあるけど結構おもしろくて。アフォーダンスとかデザインの視点ですごくわかりやすく書いてて。建築勉強してない人でも十分共感できるし。全部読んでなかったし反省としてもう一度ちゃんと読み直そうかな。
審査委員に写真家もいるから情景として美しいのも重要だろうな。あーーーあ。
選ばれることはないので僕の作品をせめてここで見てやってくだしゃい(;;)
そうすると作品が成仏してくれます(;;)

心は丸く気は長く。
三年はいっぱい沢山コンペ出すぞーー!! おーー!!
[PR]
by tokup_nao | 2007-02-01 00:48 | 建築 | Comments(4)

ららぽーと豊洲

d0086747_545336.jpg
また用事があって豊洲まで行って来ました。
校舎の前にかわいいチャリがあったのでパシャリ。
あー、いいチャリほしぃーー。

d0086747_5461237.jpgでもって工事も着々と進んでいてららぽーとは完成してたけどその隣がまだガッチャンゴッチャンしてました。
こちら、ららぽーとの海岸の公園に残されているクレーン。なかなかかっちょいい。
ここいら一体の公園がリノベされたものになってて、歴史をちょっと残そう感があった。いいよね、そういうの。工場をネガティブに考えたらこんな形にはならないな。


d0086747_5464391.jpg
ららぽーとは飲食店がかなりオサレでした。どの店も個性が爆発してました。その上、映画館もあって、夜景は奇麗で普通にデートできる場所になってびっくり。全体的に吹き抜けてて、天窓があって気持ちのいい空間だったな。
その中のラーメン屋で湯麺、餃子、肉まん食って帰って来ました。



三年になったらちょくちょく行くかもなー。
[PR]
by tokup_nao | 2006-11-02 00:06 | 建築 | Comments(4)

オレンジ

d0086747_2262880.jpg


オレンジ色ってなんか和む。
[PR]
by tokup_nao | 2006-10-25 02:27 | 建築 | Comments(0)

展望台

d0086747_0204042.jpgまあ
、特に意味はないんだけど、こんなのあったら上りたくならないかなーっと思って。

赤く塗ったのは、チュミのラ・ヴィレット公園のマネ。
[PR]
by tokup_nao | 2006-10-07 00:44 | 建築 | Comments(0)

2006建築展(二日目)

d0086747_19294878.jpg建築展の準備中。

ピースするモエちゃんと本を読む僕。

モエちゃんの赤いカーデが際立ちます。
写真見て思ったんだけど僕ってこんな髪型だったんだ・・・。


d0086747_1929584.jpg「いらっさいませーー。」

ツムとアフロ君。

二人ともいい個性してます。

チカのおよよって感じも◎




d0086747_19301474.jpg二日目はたくさんの人が来てくれました。
感謝です(^^)

ここに写っているのはほとんど芝浦の生徒です。
みんな勉強熱心です。
メモ取ってガンガン吸収しています。


d0086747_1930788.jpg友達のデートコースにもなってしまいました。

しかし、この二人はデートとはいえ真剣に見てくれました。

モリヤ幸せそうだったなぁ・・・。


建築展は無事終了しました。

今回15人という大人数で今年の三月から議論を始め、初めて展示会をやり遂げました。
グループで何か一つのことをやるのってこんなにも大変なんだと心身共に思い知らされた。
一切遊ばず、バイトを休み、学校に泊まり続け・・・、代償はかなり大きかったけど、その分得たものも多くあります。
建築に関する知識が増えたのは当然のことながら、人間関係についてかなり学んだ気がします。
展示会には展示会以上のものがありました。


建築展後、恒例の打ち上げがあり、
その席で大手ゼネコンのOBの方と貴重な話をしました。
僕は将来、建築をやっていく上でアトリエか企業かで悩んでいて、その旨をOBに話すと、
「アトリエか企業じゃなく、自分のやりたいことの手段としてアトリエか企業を選べ!」
と言われました。

言われてやっと気づきました。
僕は手段が目的になっていた・・・。
お恥ずかしい・・・。

気づけば、アトリエで何ができるか。企業で何ができるか。今まで考えていなかった・・・。

自分を生かせる環境を選ぶべきなんだろう・・・。


人に言われて考えがガラッと変わったのは久しぶりの感触でした。
[PR]
by tokup_nao | 2006-10-02 20:24 | 建築 | Comments(0)

2006建築展(一日目)

初日は平日の金曜ってこともあって人足は少なかった。

で、僕は・・・、交流を広げるべく勇気を出して色んな人に話しかけて見ました。
来場者の多くは建築系学生と実際に設計事務所で働いている人など。
サークルのOGなども来たり。

話しかけてみると以外にみんな快く返してくれて、実はみんな話したいんじゃん!と思いました。でもまあ中には話すの苦手かなという人もいます。

やはり、学生と社会人では見る視点が違いとても刺激的。
僕のとこは小さな事務所だからこんな考え方をしている建築家が羨ましくなるよー と言ってきたり。
「この考え方おもしろいよーー!!」と言ってくる人もいれば、さらさらっと見てすぐにどっかに行ってしまう人もいたり。

芝浦の一年生なんかはスゲーを連呼するばかり。

明日は同じ学科の二年生が来るから反応が楽しみ(><)
d0086747_2228683.jpg

自分で一生懸命やった作品を誰かに見てもらってそこから色々話すのって面白いなぁと改めて感じます。

そこから反省点もいろいろ見つかるし、おもしろい考えが共有できるし☆

明日も積極的に話して行かなきゃ!!




でもって、久しぶりに田町まで行ってきたついでに、元祖芝浦工業大学の田町校舎の解体工事をやっていると聞いていたので見てきました。

何十年のも間多くの人々に使われ続けたものが壊れる瞬間は、ぐぐっとくるものがあります。

     建設→人に使われる→解体

工事現場のおっちゃん達にキレイにばらばらにされたとき、その建物の生涯はそこでやっと終わりを告げます。

田町校舎、お疲れさん。

d0086747_22393770.jpg

[PR]
by tokup_nao | 2006-09-29 22:42 | 建築 | Comments(0)

豊洲、建設ラッシュ!!

来年僕は三年になります。

芝浦の工学部は1、2年は東大宮校舎で、3、4年は豊洲校舎です。

ただ今豊洲は今年から様々な企業やアパートが立ち並び今年が大建設ラッシュです。

豊洲校舎も今年から開校しました。


「何も考えないで建築物を建てることは、何も考えないで歴史的建築物を壊す破壊行為と同等である。」


何か新しいものを造るのって聞こえがいいけど、ちゃんと考えて建てないと後で痛い目に合うって訳です。

千葉駅とか出るとまさにそれを感じる・・・。駅出ると暗いし、モノレール絶対赤字だし。線路とモノレールと車道がぐりぐりに入り混じり、計画の上に計画を乗せて・・・・・。
千葉市の都市計画のなさが存分に発揮されている・・・(/ω\;)

豊洲はそうはならないだろう。

今日は豊洲校舎の図書館に用があってついでに工事現場を見てきましたー。

d0086747_5152128.jpg

d0086747_5153860.jpg
d0086747_5154467.jpg



工事現場を見るたびオレンジ色のクレーンがカッコイイと感じてしまうよw
[PR]
by tokup_nao | 2006-09-02 01:15 | 建築 | Comments(0)


tokup.nao@gmail.com


by 徳田直之 (Naoyuki Tokuda)

プロフィールを見る

外部リンク

記事ランキング

カテゴリ

全体
建築
建築設計
美術
写真
音楽
映画

コラム
日記
インテリア

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 04月
2016年 03月
2014年 07月
2014年 03月
2014年 02月
more...

最新のコメント

地元には帰ってなかったん..
by tokup_nao at 15:49
Thank you so..
by tokup_nao at 21:40
コメントありがとうござい..
by tokup_nao at 21:33

ブログジャンル

建築・プロダクト
アート・デザイン
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31