TARO NASU

d0086747_1124524.jpg

TARO NASU
設計:青木淳

馬喰町に建つ古いビルの改修。いかつい窓枠に宙を舞うRCの梁。なんだか元々の建物が怪しさ満点のビルでした。ファサードの大理石の目地がずれていて、高級な大理石が綺麗に収まっていないのが、何やらアイロニカルな表情を持つ。歩いていると、突然白い塊がビルに突っ込まれているような。ちょび出た配管を尻目に、そこにズルズルと引きずり込まれていきました。
中の間取りは変。使いにくさを面白さに変えている。事務所が細長く、ギャラリーは天井が高いため窮屈には意外と感じない。真中にソファーでも置いてもいいじゃないかと思うくらいに。左右対称に近いためか、並んだラーメンの柱がとても象徴的な効果を発揮している。梁との接合部の斜めになっている部分が可愛らしくさえ感じる。
階段の独特の蹴上げと踏面からのゲージラインから導き出されたピン接合の鉄骨とその灰色もいい。地下への挿入口としてしっくりくる。

このときはジョージェ・オズボルト(Djordje Ozbolt)の展示がやっていました。ダーク・ロマンティシズムと呼ばれる彼の作品は、ハイカルチャーとロウカルチャーを対等に作品の要素として扱う。とても知的でふざけた絵。彼が吐き出す悩ましげな矛盾と混沌は、妙にこの空間に、もっと言えば、この時代にしっくりきていた。

古い建物の各要素のボキャブラリーを再統合して、どこにデザインを持ってくるのか入念にスタディされた知的な面白みがある建物。気にしなければ気にならない。よく見ると、噛めば噛むほど味が出てくる。

川越の設計も既存をこちらの手のうちに持ってきたい。こっちこーぃ。

このビルにはTARONASUの他にも三つほどギャラリーやおされカフェが入ってます。また行きたい。




d0086747_146524.jpg
d0086747_1475657.jpg
d0086747_1481995.jpg
d0086747_1483534.jpg
d0086747_1485014.jpg
d0086747_1485819.jpg

[PR]
by tokup_nao | 2009-06-05 01:50 | 建築 | Comments(0)


tokup.nao@gmail.com


by 徳田直之 (Naoyuki Tokuda)

プロフィールを見る

外部リンク

記事ランキング

カテゴリ

全体
建築
建築設計
美術
写真
音楽
映画

コラム
日記
インテリア

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 04月
2016年 03月
2014年 07月
2014年 03月
2014年 02月
more...

最新のコメント

地元には帰ってなかったん..
by tokup_nao at 15:49
Thank you so..
by tokup_nao at 21:40
コメントありがとうござい..
by tokup_nao at 21:33

ブログジャンル

建築・プロダクト
アート・デザイン
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31