Diploma(卒業設計)ゼミ

ネットで集めた写真なのですが
d0086747_0381654.jpg

d0086747_0383050.jpg
d0086747_0384465.jpg
d0086747_0385729.jpg
d0086747_0421354.jpg
d0086747_0422610.jpg
d0086747_0424115.jpg


さあ、問題です。

ここはどこでしょう。














ヒント、東京都です。星条旗が刺さってます。




















答えは硫黄島です。
あたったあなた、なかなかするどいね。

何もないツルツルの島。
綺麗だけど悲しい場所。

戦争の残骸がまだ各所に残っています。

シャーマン戦車転がってるんですよ。
カッコイイな。
一度ガチ本気でプラモデルで作りたいぞ。

行きたいんだけど、今は自衛隊の基地になっていて一般民間人は立ち入り禁止だそうです・・・。
対象敷地こことかどうかななんて。
はは。

d0086747_0445270.jpg
d0086747_0451156.jpg
d0086747_0452276.jpg




先日、秋葉原で衝撃的な殺傷事件が起きてしまった。

犯人を紹介する際にメディアは「25歳の派遣社員」という。

これからもわかるように、ここには格差社会にたいする痛烈な社会的背景への批判も込められている。

これに対し、石原知事は「ああいう人間っているよね。ただ、ああいう形で爆発するかしないかってのは、時代も背景にあるんでしょうけど。みんな鬱屈(うっくつ)してるよ、今の日本人は」と吐き捨て、「文明の便宜が進んでも、人間はやっぱり芯(しん)は孤独になっている感じがする」と語った。

何らかの社会的な背景があって、それゆえに起きた殺人事件という場合、その罪を憎む人間は社会的背景への視点を無視しがちであり、社会的な問題を重視する人間はその罪を軽視しがちになる。
石原知事の言及はまだバランスがあるように感じる。

そこで、刑務所という場所のテーマを大きく分けると社会的な位置づけの考察と罪を起こした罪人自身への考察の二つが考えられる。

つまり、社会(社会的プログラム・文化・文明・格差社会・理性)と個人(人間の内面・感性)がどちらかが存在しても欠けてもいけない。

双方を治療する建築を設計しなければならない。
[PR]
by tokup_nao | 2008-06-19 00:52 | 建築設計 | Comments(0)


tokup.nao@gmail.com


by 徳田直之 (Naoyuki Tokuda)

プロフィールを見る

外部リンク

記事ランキング

カテゴリ

全体
建築
建築設計
美術
写真
音楽
映画

コラム
日記
インテリア

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 04月
2016年 03月
2014年 07月
2014年 03月
2014年 02月
more...

最新のコメント

地元には帰ってなかったん..
by tokup_nao at 15:49
Thank you so..
by tokup_nao at 21:40
コメントありがとうござい..
by tokup_nao at 21:33

ブログジャンル

建築・プロダクト
アート・デザイン
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31