図書館完成品です

遅れましたー

自分的には前回からの成長が見られなくてあまり好きにはなれない作品になってしまった

d0086747_18332084.jpg

d0086747_18334080.jpg


自分の建築に対する要求が日々高くなっている一方で、その要求に答えるだけの自分がまだいないんだよな

自分の期待に答える自分を確立する

勉強あるのみっす




最近は日本の近代の建築家・今和次郎に関するを読んでます
d0086747_18421278.jpg彼の研究は未だに解明されない、人と物の関係からどう空間が形成されるか? みたいなことをやっていました。
それは、常にその人の個性・生活スタイル・文化背景をも研究範囲に及んでいました。
近代といえばインターナショナルスタイル、"less is more"に代表される純粋主義が滞っていた時代。
そんな時代に日本にはすでにR・ベンチューリのような物事の多様性を見捨てるべきではない! と言及していた人がいたんです。
今さんの着眼点はすごい。でも、当時の日本は近代の建築技術を取り入れることに躍起になっていて建築概念・思想はとりいれていなかったので、今さんはなかなか相手にされなかった。
結局現在の大学の建築教育は工学がスタンダードとなり、建築思想の授業は海外に比べて少ない状況となってしまったと。
そして、日本人である僕もきっとそこら辺の勉強が足りないのですな。


報告は以上っす
[PR]
by tokup_nao | 2007-11-19 18:33 | 建築設計 | Comments(4)
Commented by てるみ at 2007-11-19 19:43 x
工芸って技術ありきだと言われるけど、私は違うと思う。
たしかに技術がなければ作れないんだけど、技術が先行しなくても
「やるぞー」ってきもちがあれば技術なんてあとから勝手についてくるもの。
建築も同じなのかは分からないけど、
気持ちが前へ前へ行こうとするなら、技術もそれに追いついていこうとするから
・・・んーーーまとまんなくなっちゃったけど、
頑張れ!!!頑張る!!!!
(*´∀`*)
Commented by tokup_nao at 2007-11-20 19:13
やる気さえあれば何とかなることは多々あるね
でもなかなか気持ちだけでは片付かないこともあるよ
ときには新しい技術とか知識を目的に自分を制御して動かなきゃ先に進めないときがある
ぐっとこらえる場面がね
Commented by momo ayano at 2007-11-28 07:17 x
成長過程が一番成長が見えないときだからね
楽しんで!いっぱい新しいもの・新しい分野のものを摂取してください
絵画・ジュエリー・自然遺産・文化遺産・そこらへんのおっさん(産)なんでもいい材料です
Commented by tokup_nao at 2007-11-28 17:51
何でもいい材料になりますよねー
ふと我に返ると視野が狭くなっていたりよくしますわーー
何でも楽しいと感じたものを素直に受け止める心が大事なんすね

あーー、美術館行きたいーー!


tokup.nao@gmail.com


by 徳田直之 (Naoyuki Tokuda)

プロフィールを見る

外部リンク

記事ランキング

カテゴリ

全体
建築
建築設計
美術
写真
音楽
映画

コラム
日記
インテリア

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 04月
2016年 03月
2014年 07月
2014年 03月
2014年 02月
more...

最新のコメント

地元には帰ってなかったん..
by tokup_nao at 15:49
Thank you so..
by tokup_nao at 21:40
コメントありがとうござい..
by tokup_nao at 21:33

ブログジャンル

建築・プロダクト
アート・デザイン
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31