不都合な真実

d0086747_138407.jpg大学の南先生が授業でみんなにお勧めしてたし、前から気になっていてやっと見ました。

元アメリカ副大統領アル・ゴアによる地球温暖化に対するドキュメンタリー。

科学的データやジョークを織り交ぜながらのプレゼンテーションがうまいのもあり、見てるとああ地球やばいじゃん!! とすぐにのめり込んでしまいました

地球温暖化やその影響で未来の地球で何が起こるかを厳密な科学的根拠で解説しているのですごく説得力がある。

しかーし、調べてみるとこのゴアの映画にもやはり切実な懐疑派の意見がありました。

おそらく代表的なのがビョルン・ロンボルグによる発言(in English)だ

ビョルンの言いたいことは環境学と経済学のバランスを考えてものを言え! ということかな
彼は元々統計学の教授であり、環境に関する膨大なデータを調べ整理していった。
「資源は枯渇しない」との主張を続けていて著書もおもしろそうだ


でも、環境問題ってさー 間違った説が多いからわからないよね 誰の言ってることがホントで誰がいってるのが間違いで

こんな中で僕らにできること
まずは
知ること

知っちゃうと考える

考えると行動にでる

この映画見て少しでも環境問題に興味もてたら いいことだ
[PR]
by tokup_nao | 2007-09-08 02:02 | 映画 | Comments(2)
Commented by jon at 2007-09-08 23:35 x
最近、やたら環境系の番組やら増えて凄くいいことだと思う

知ること

大切だよね。「知らない」で済まされない状態になりつつある地球には変わりは無いんだろうし、誰だって目を背けれないそうになってきてる。
ちょいとこの映画見てみたくなりました。
とりあえず、今出来ること
いらないプリントの裏をメモ帳にしてみよう
トイレットペーパーの使用を最小限にしよう
原チャじゃなくてチャリンコにしよう
出来ることはいっぱいあるね、きっと
Commented by tokup_nao at 2007-09-09 01:25
環境問題って様々な要因で起こってる

一つの事例を研究して結果を出す
また別の事例を研究して結果を出す
多数の結果が影響しあって混ざり合って環境が変わっていくから必ずしもこの事例がいけないんだとか言いにくいのかもしれない

難しいよね
でも、資源を大切にすることは環境問題はもちろん倫理的にもいいと思う
昔からもの大切にするのはいいことに変わりはない

エネルギーも見えないものですからね

みなさん ものをたいせつにしましょーー


tokup.nao@gmail.com


by 徳田直之 (Naoyuki Tokuda)

プロフィールを見る

外部リンク

記事ランキング

カテゴリ

全体
建築
建築設計
美術
写真
音楽
映画

コラム
日記
インテリア

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 04月
2016年 03月
2014年 07月
2014年 03月
2014年 02月
more...

最新のコメント

地元には帰ってなかったん..
by tokup_nao at 15:49
Thank you so..
by tokup_nao at 21:40
コメントありがとうござい..
by tokup_nao at 21:33

ブログジャンル

建築・プロダクト
アート・デザイン
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31