風景の更新

幼馴染の友人に頼まれて、
畑にある小さな小屋の解体を行いました。

よく、街を歩いていると、
それまでそこにあったはずの建物が忽然と姿を消していることがある。

でも、どうしても、元々そこにあった建物が思い出せない。
いつもそこを通って目にしているはずなのに。

実際に畑にあった小さな小屋を解体した。
現調で予め訪れた時、小屋の中には畑の持ち主の小物たちが散りばめられていて、それこそ、生きられた家と言えそうな記憶の地層の断面を見せられているかのような気持ちにさせた。
解体の日には、それらの小物は片付けられていて、いらないものは外に出してあった。額縁に入れられた、サングラスをして勢い良く滑っているスキーの写真と共に。

そして、今回のこの小屋も、なくなってしまった後には、もうその小屋がない景色が直ぐに違和感のない風景となってしまった。


建物があった風景を思い出せなくなるのは、建物がない風景を経験してしまったからなのかなと思う。
風景が上書き保存されてしまったのだ。

あの風景が思い出せないではなく、あの風景が更新されてしまったのだ。

建てることも壊すことも、この意味では、あまり変わらない。


ある若い女性の建築家が言っていた。

「所詮、大きなゴミを私は作っているの。」

聞いたときは、いつも綺麗な建物を作っているこの方がと思って、何を言っているのか意味がよくわからなかったけど、
今となっては、風景を変える(壊す)責任を受け止めたようなものをひしひしと感じる。


d0086747_09194129.jpg

d0086747_09194173.jpg

d0086747_09194110.jpg



d0086747_09194231.jpg

d0086747_09194226.jpg

d0086747_09194361.jpg




d0086747_09194362.jpg

d0086747_09194470.jpg

d0086747_09194496.jpg

[PR]
by tokup_nao | 2016-04-09 21:00 | 建築 | Comments(2)
Commented at 2016-04-29 23:46 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tokup_nao at 2016-09-20 15:49
地元には帰ってなかったんだね~
このブログすごくたまに更新するから、たまに見に来てね!
家がほしくなったら設計しますんでお声かけ下さい!笑


tokup.nao@gmail.com


by 徳田直之 (Naoyuki Tokuda)

プロフィールを見る

外部リンク

記事ランキング

カテゴリ

全体
建築
建築設計
美術
写真
音楽
映画

コラム
日記
インテリア

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 04月
2016年 03月
2014年 07月
2014年 03月
2014年 02月
more...

最新のコメント

地元には帰ってなかったん..
by tokup_nao at 15:49
Thank you so..
by tokup_nao at 21:40
コメントありがとうござい..
by tokup_nao at 21:33

ブログジャンル

建築・プロダクト
アート・デザイン
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31