同志社大学礼拝堂 設計競技案

d0086747_20214477.jpg

d0086747_20214732.jpg


同志社大学礼拝堂 設計競技案 / Niji Architects

大きな折板構造の屋根。
すごくシンプルなようで、実はかなりの構造の工夫と技術が必要な提案になってます。

いい建築は、いい技術を伴う。それは時代に流される技術ではなく、時代を象徴する技術であってほしいなと思います。
たまにすごく機能的な建築がうるさく感じるのは、その技術の考え方の違いなのではないかと思う。
あと、技術が目に見える範囲内であることも重要だと思います。身体の延長に技術がある。それが大事。
[PR]
by tokup_nao | 2013-04-04 20:31 | 建築設計 | Comments(0)


tokup.nao@gmail.com


by 徳田直之 (Naoyuki Tokuda)

プロフィールを見る

外部リンク

記事ランキング

カテゴリ

全体
建築
建築設計
美術
写真
音楽
映画

コラム
日記
インテリア

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 04月
2016年 03月
2014年 07月
2014年 03月
2014年 02月
more...

最新のコメント

地元には帰ってなかったん..
by tokup_nao at 15:49
Thank you so..
by tokup_nao at 21:40
コメントありがとうござい..
by tokup_nao at 21:33

ブログジャンル

建築・プロダクト
アート・デザイン
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31