日本橋照明計画

d0086747_1121167.jpg

d0086747_1121785.jpg

d0086747_1121839.jpg

d0086747_16232831.jpg

d0086747_16232618.jpg

今年の10月に日本橋に小さな教室が開講します。
その教室及び事務スペースの照明の相談を持ちかけられました。
要求は、なるべく安く、そして美しい場所に仕立て上げること。

できるだけ綺麗な収まりと光の効果をねらいたいところ。
しかし、光というのは中々予測できないから難しい。

形だけのデザインならば、模型を作ってうんぬんかんぬんしていればいいのだが、照明デザインとなると中々そうもいかない。
つくってみたら、あれれ、意外と暗いな・・・。あれ、もっと明るい方が良かったな・・・となりかねない。
プロの照明デザイナーはパソコンで室内をモデリングして、光量や光の性質を入れ込んでプログラムを走らせてシュミレーションするだろう。
でも、私にはそんな機材もお金もないので浅はかな経験とそれを凌ぐ勉強量でカバーするしかない。

例えば、イサムノグチがデザインしたAKARIがある。このスタンドの最もスタンダードなタイプが私の部屋にあり、この前その電球が切れてしまった。とりあえずと思って、あまり使われていない玄関の外の電球を引っこ抜いて、AKARIに差し込んでみたら、灯ったもののどうも具合が悪い。どういうことかというと、何だかとても光源が眩しいのだ・・・。その分部屋は明るくなったけど、AKARIにしては強すぎる。よく確かめると、スタンドライトの根元に「40Wまで」と書いてあった。私が差し込んだのは60Wであった。20Wの差でこれほど違うものなのか。このAKARIの光源と和紙の距離は、40Wで一番心地よく灯るようにデザインされていたのだ。なるほど、ふむふむとAKARIの前で眩しい光源に照らされながら一人関心してしまった。

そんな微妙で難しい照明のデザインを今考えています。
とりあえず、今の自分のベストを尽くしやってみるしかないゾ!!

もし、進展がありましたらまた書きます 笑
[PR]
by tokup_nao | 2012-07-23 01:52 | 建築 | Comments(0)


tokup.nao@gmail.com


by 徳田直之 (Naoyuki Tokuda)

プロフィールを見る

外部リンク

記事ランキング

カテゴリ

全体
建築
建築設計
美術
写真
音楽
映画

コラム
日記
インテリア

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 04月
2016年 03月
2014年 07月
2014年 03月
2014年 02月
more...

最新のコメント

地元には帰ってなかったん..
by tokup_nao at 15:49
Thank you so..
by tokup_nao at 21:40
コメントありがとうござい..
by tokup_nao at 21:33

ブログジャンル

建築・プロダクト
アート・デザイン
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31