篠原一男と現代の狭間

ふたつの住宅論~篠原一男と私の住宅~
桑沢デザイン研究所1階ホール
2010年04月25日 ~ 2010年04月29日

篠原一男の全住宅を1/30で体感。

4月25日には対談イベントがあり、パネリスト:入江経一(建築家、岐阜県立国際情報大学院大学教授)、鈴木明(神戸芸術工科大学教授)、大松俊紀(桑沢デザイン研究所専任講師)を迎え、熱い対談が行われた。
篠原一男の元で働いていた入江氏からは、篠原一男を内側から解体していくように語られた。篠原の人柄を中心に、その当時どれだけ篠原一男がもがき苦しみながら住宅を設計していたかが、伝わってきた。新しい住宅を考えるときには、研究室ないでコンペをやって、長谷川逸子の案が発展して「谷川さんの別荘」ができた話しなど、とても興味深かった。篠原一男の論文や文献をいくら読んでも出てこないような、篠原の貴重な一面垣間見れて良かった。
そして、この対談イベントの目標は「篠原一男の功績から、現代に行かせるようなものは何か?」ということだった。あれ程、注目し、誰もが知っている建築家で在りながら、僕らは篠原一男を成仏させるようなこと何一つしていないのではないか?そんな疑問文として聞こえてきそうなテーマであった。
そこで、入江氏は現代の建築界の問題を、「何でもありで、何でもありだからこそ、何やっても相手にされない状況がある」と指摘する。それは、GAの取材で二川幸夫から「今は、(建築界は何が)どうなってんの?」という質問に共鳴したものだったのだと語る。一言で言ってしまえば、今の状況は「思想がない!」ということだと。
日本のサブカルが盛んになり、海外でも評価され、それが何かを考える前に大流行してしまう。メディアにしても経済にしても、どの業界も、思想が後から追いかけるような形になってしまっているのが今の世界の状況なのだろう。この状況が、90年代頃から建築を蝕んできているのを感じていると入江氏は話す。

ここで、篠原一男という建築家が、幽霊船のごとく深海から海上に浮上する。
篠原一男は研究室で、「やがて全面戦争になる」と生徒に幾度ともなく話していた。その戦争とは、後の構造主義を住宅に入れ込むような、思想の戦争だった。
病と戦いだがら、生死の淵を彷徨いながらその精神は育まれ、未完の家を代表とする光と闇の建築となっていった。入江氏が谷川さんの別荘で感じた「圧倒的な建築力」はこうして研ぎ澄まされていく。

私は思う。今を打開する手掛かりがあるとすれば、それを篠原一男に求めるのも悪くない。
もしかしたら、幽霊船は音を立てずに、もうそこまで来ているかもしれない。

d0086747_23201999.jpg
1/30の迫力ある篠原模型達。あれ?この住宅こんなデカイのか!という発見が多々。その隣には、建築を学んで二年の学生がつくる、不思議な建築が隣接する。
d0086747_22593252.jpg
多木さんの写真の撮り方や、当時の新建築での写真の反響を語る。
d0086747_22595845.jpg
入江氏が手書きで、篠原住宅の解析をさらさらと描いて華麗に紐解いていく。
[PR]
by tokup_nao | 2010-04-26 23:04 | 建築 | Comments(0)


tokup.nao@gmail.com


by 徳田直之 (Naoyuki Tokuda)

プロフィールを見る

外部リンク

記事ランキング

カテゴリ

全体
建築
建築設計
美術
写真
音楽
映画

コラム
日記
インテリア

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 04月
2016年 03月
2014年 07月
2014年 03月
2014年 02月
more...

最新のコメント

地元には帰ってなかったん..
by tokup_nao at 15:49
Thank you so..
by tokup_nao at 21:40
コメントありがとうござい..
by tokup_nao at 21:33

ブログジャンル

建築・プロダクト
アート・デザイン
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30