朝の風景 (2009/9/26)

何となく、むくりと起きてみると、507号室のソファーの上で寝てしまっていることに気づく。ベッドには健悟がいびきをかいて寝ている。あの、ダニだらけだと彼が嫌悪していたソファーにもうどれくらい寝てしまったのか。自分の体には毛布が丁寧に掛かっている。机には、朝食べるサンドイッチの食材、食パンとハムとキューカンバーが仲良く添い寝をしている。その机の角は、板が少しめくれ違う色を見せる。まだ、ソファーの方が寝心地はいいだろうか。

腕には時計の跡が残っている。その後に、付けっぱなしの腕時計が在ることに気づき、針は午前四時を指している。9月でもモスクワの朝は冷える。まだ外は暗い。ちょっとホッとする。腕が痛いので時計を外し、ポケットの中に入れた。

食材の横に515号室の鍵が置いてある。ゆっくりと吊るし上げる。

ゆっくりでいながら、確実に自分の布団を健悟に載せて、ドアをギィと開け、ゆらゆらと515号室に戻る。あれ程うるさいく耳障りな音を発していたエレベーターも今は沈黙している。また騒ぎださないように、ゆっくりと前を通り過ぎて行く。
視覚よりも先に触覚とでも言うのか、窓も開けていないのに嫌な風のようなものを感じた。
その風を頼りに、何気なく外を見てみた。見てしまった。


あれ・・・・・。

外が違う・・・・。いつもと違う・・・。

僕が立っている場所は建物の内側なので、外側を見ていることになるのだが。何かが違う。違うと、思って異変を探してみるけど、その異変はどこにもない。どこにもないので、すべてが違うのか。その為に、その違いがわからないのか。

ああ。

何てことだ。



車が通り過ぎた。何の変哲もないトラックのはずだろう・・・。いや、そうだろうか。今のは本当にトラックだったのだろうか。

建物が違うのか。いや、確かにあの建物は、この前みんなで行ったはずの大きなショッピングモールだ。くだらない物ばかりが売っているくだらないショッピングモールじゃないか。

ああ、くだらない。本当にあの建物なのか。僕が見ている建物が、僕が記憶している建物なのか。建物とトラックの違いをどう言い表せばいいのか。簡単なことじゃないか。

ああ。

何てことだ。


こんな時間に奴らはいたのか。この時間はいつも僕が寝ている時間じゃないか。
こんな時間に起きるのがそもそもの間違いだった。
ああ、ちくしょう。ちくしょう。

何てことだ。



起きると、僕はまだ507号室にいた。健悟はいびきをかいている。サンドイッチの食材もまだ横たわっている。
腕の時計の跡はもうなくなっていた。
ポケットに入れた時計を見る。針はあと少しで、午前四時を指そうとしている。


もう、いい加減にしてくれ。






d0086747_3361584.jpg

[PR]
by tokup_nao | 2009-10-04 03:36 | 日記 | Comments(2)
Commented by chebi-chi at 2009-10-04 23:42
そんないびきかいてた?
Commented by tokup_nao at 2009-10-05 04:25
うぬ。でも静かだけどね。


tokup.nao@gmail.com


by 徳田直之 (Naoyuki Tokuda)

プロフィールを見る

外部リンク

記事ランキング

カテゴリ

全体
建築
建築設計
美術
写真
音楽
映画

コラム
日記
インテリア

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 04月
2016年 03月
2014年 07月
2014年 03月
2014年 02月
more...

最新のコメント

地元には帰ってなかったん..
by tokup_nao at 15:49
Thank you so..
by tokup_nao at 21:40
コメントありがとうござい..
by tokup_nao at 21:33

ブログジャンル

建築・プロダクト
アート・デザイン
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31